ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

火星での活動を見据えて開発!自分好みに動作をプログラミングできるロボット「HEXA」が気になる。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家庭用ロボット全盛の中、またまた気になるプロダクトがデビュー。6本足のクレバーなロボット「HEXA」をご紹介しよう。

・火星での活動を見据えて開発

「HEXA」の産みの親は、北京のスタートアップ、Vincross。イーロン・マスク氏による火星移住計画を見据え、過酷な環境で消化・救助活動ができるロボットを世に出すべく、開発にとりかかった。

6本足にしたのも、そのため。起伏の激しい地形でも器用に動けるよう、このような形にしたのだという。しかし、イーロン氏のプランは早くても、2020年以降の話。ロボットはすでに完成しているため、本来の目的の前に、お披露目されることになった。

・覚えさせたいスキルをストアから購入

「HEXA」最大の特徴は、スキルを身に着けられるところ。そうした機能を持つロボットは、すでに存在するが、別のプラットフォームにアクセスするなど、それなりに面倒な手続きを踏まなければならない。

その点、本品は楽だ。専用ホームページにスキルストアが用意されているので、そこから必要な能力を購入することができる。プログラミングに自信があるなら、自分で覚えさせたい動作を考えてみよう。完成したスキルは、ストアで公開可能だ。

・セキュリティや家電コントロールにも対応

便利な機能は、他にもたくさんある。画像認識機能をサポートしているので、セキュリティカメラとしての役割も果たせるし、テレビや照明といった家電の制御にも対応する。

本体は直径508、高さ120ミリメートルと比較的コンパクト。頭部は360度回転、足は180度まで曲げられるなど、身体の自由度も高い。現在、ホームページで予約注文を受け付け中。今なら990ドル(約10万円)で購入可能だ。

HEXA

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP