ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デヴェンドラ・バンハート、2017年4月に東阪来日公演が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 “フリー・フォーク・ムーヴメント”のアイコンにして流浪のアウトサイダー、デヴェンドラ・ハンバートの来日公演が来年4月に決定した。

 2000年代初頭、スワンズのマイケル・ジラやジョアンナ・ニューサム、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズといったアーティストとの関わりの中で頭角を表わしたデヴェンドラ。2005年には名盤『クリップル・クロウ』をリリース。以降も、浮遊感をまとった歌とギターを中心とした柔らかなサイケデリック・サウンドをベースに、自身の音楽性を独自の方向に深化させてきた。

 2013年にはUSの名門レーベル、ノンサッチに移籍。2016年には、同レーベルから2作目となる『エイプ・イン・ピンク・マーブル』をリリース、ブラック・ミュージック等、より多様な影響と拡がりを感じさせる作品となった。また、デヴェンドラはアート作家としても活動を行っている。

 来日公演は2017年4月20日にビルボードライブ東京、22日にビルボードライブ大阪でそれぞれ2ステージ開催。バンド編成では久々となる来日公演に大きな注目が集まる。

写真:cOsk Studio

◎公演情報
ビルボードライブ東京
2017年4月20日(木)
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30

ビルボードライブ大阪
2017年4月22日(土)
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

◎リリース情報
『エイプ・イン・ピンク・マーブル』
2016/10/19
WPCR-17503 2,592円(tax in.)

関連記事リンク(外部サイト)

『11月7日はなんの日?』ニューヨーク近代美術館「MoMA」開館、ウォーホールによるアートなジャケをピックアップ
化学反応を外して…ジャック・ホワイトの素顔が浮かび上がる『アコースティック・レコーディングス』(Album Review)
ジョニー・マー、2008年には「現実的な話」だったザ・スミスの再結成を語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP