ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アルディアス、女性ヘヴィメタルバンドとしてNYLON誌他海外メディアが注目!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

アルディアスが100万人近くのTwitterのフォロワーを持つNYLON誌他で女性ヘヴィメタルバンドとして注目を集めている。
アルディアス (okmusic UP's)
以下、NYLON誌(訳)

http://www.nylon.com/articles/video-aldious-female-warrior-visual-japan-summit

『女性だけのジャパニーズ・メタルバンド“アルディアス”。

その魅力を伝える最新シングル「The Female Warrior」

ガールズメタルバンドブーム時代にようこそ!

へヴィメタルといえば、男臭さが充満するモッシュピットや、汗でふやけたガントレッツのロン毛の男達が髪を振り乱すといった風情が思い浮かぶが、エレガントで艶やかなブルーのドレスのメタルももてはやされていることが日本初のビジュアル系音楽フェスで判明した。今年のヴィジュアル・ジャパン・サミット第一弾で唯一のガールズ・バンド、アルディアス。彼女達のステージは圧倒的な迫力と強烈なヘッドバンキングで実に堂々たるものだった。バンドは、コンポーザーかつギタリストでもある大阪出身のリーダーYoshiを中心に、ギタリストのToki、ベーシストのSawa、ヴォーカリストのRe:NO、そしてドラマーのMariaが数年の間に集結して出来上がったものだ。

デビューアルバム『Deep Exceed』がオリコンのアルバムチャートで15位を記録し、彼女達は一気にメインストリームへ踊りだし、シンティアや今や引っ張りだこの人気者ベビーメタル等で活気を呈する現在のガールズ・メタル・バンド・ブームの先駆的存在となったバンドである。リンクで彼女達の最新EP「The Female Warrior」の一部を紹介しているので、是非チェックしてみてほしい。

https://www.facebook.com/nylon/videos/10154016702681765/』

また、海外のライターAlan Crossのサイトでも紹介されている。

http://ajournalofmusicalthings.com/metal-boom-among-women-japan/

『日本の女性メタルがブーム?

日本はいつでも、どうせ国を挙げてフグでも食べ過ぎたせいだろうと思えるようなことを繰り出しては世界中を驚かせてくれるわけだが、次の瞬間に我々は、どうやら日本人は冗談ではなく本気らしいぞという思いにさせられてしまう。

ヴィジュアルジャパンサミットというイベントに登場したメンバー全員が女性のメタルバンド、アルディアスには気をつけるべし。かの国のメディアが呼ぶところの”ガールズメタルバンドブーム”を牽引するグループだ。そう、もはやベビーメタルだけの話じゃないのである。』

最新ライブDVD「Radiant A Live At O-East」もオリコン音楽DVDチャート1位になるなど、盛り上がりをみせるアルディアスから目が離せない。

「Female Warrior」MV(Short ver.)
https://youtu.be/Jya2JhSrnLg

「SWEET TEMPTATION」MV(Full ver.)
https://youtu.be/hraBdfH2xfI

『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)
『Courtesy of Loud Park 2016』 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。