ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『11月5日はなんの日?』上野動物園のパンダがはじめて一般公開された日、音楽シーンの“パンダ・ブーム”といえばアノ人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今からさかのぼること44年前の1972年11月5日、日中国交正常化をうけて中国から贈られた2頭のジャイアントパンダが上野動物園で一般公開された。カンカン&ランランと名付けられた2頭のパンダは、たちまち日本中に“パンダ・ブーム”を巻き起こしたが、音楽シーンにおける“パンダ・ブーム”といえば、今年4月に全米ビルボードNo.1に輝いたデザイナーのデビュー曲「パンダ」が記憶に新しい。

 カニエ・ウエストの秘蔵っ子としてキラ星のごとくシーンに登場したブルックリン発の新鋭ラッパー・デザイナーは、当時弱冠18歳ながら全米ビルボードNo.1独走中だったリアーナの「ワーク feat. ドレイク」」を首位の座から引きずり降ろし、2週連続No.1獲得。一躍、シーンの中心人物となった。愛くるしいはずのパンダが厳しい表情でB-BOYのマストアイテム・ブリンブリンをさげている同曲ジャケのアートワークも注目を集めたが、繰り返し歌われる「パンダ」とは、動物のパンダではなくBMW社のSUV「X6」のことで、その理由は白×黒の同車のルックスがパンダに似ていることから。デザイナーは最近プライベートでトラブルを起こし悪い意味で世間を賑わすことになってしまったが、キレ味抜群のラップで再びチャートを賑わせてくれることに期待したい。

◎Desiigner – Panda
https://www.youtube.com/watch?v=E5ONTXHS2mM

関連記事リンク(外部サイト)

逮捕されたデザイナー、銃所持容疑が取り下げられる
【米ビルボード・ソング・チャート】デザイナーが2週目の首位死守、ビヨンセがTOP10圏内にエントリー
デザイナー「パンダ」が遂に米ソングチャートNo.1、米アーティストが41週ぶりの首位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP