ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDIがau 2016年秋冬モデル第2弾『AQUOS U』『URBANO』『Qua tab』を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


KDDIは11月7日、au秋冬モデルの第2弾として、スマートフォン『AQUOS U』『URBANO』とタブレット『Qua tab』を発表しました。3製品とも下り最大150Mbpsの『au 4G LTE』に対応します。


シャープ製の『AQUOS U』は、前面パネルと背面パネルで異なるカラーを組み合わせたツートンカラー、曲面ガラスを用いたラウンドフォルムが特徴の製品。OSにAndroid 6.0、1.4GHz+1.1GHzオクタコアCPU、5.0インチ 1280×720ドットディスプレー、1310万画素カメラ、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、2700mAhのバッテリーを搭載します。防水、防じん、NFC/Felicaのおサイフケータイに対応。本体カラ―はライム×ゴールド、プラチナ×ホワイト、ピンク×パウダー、メタル×ブラックの4色。

着信やロック解除などのタイミングに12パターン、9色の発光演出が楽しめる『ヒカリエモーション』、ユーザーの意図を理解して話しかけてくれる進化した『エモパー』、端末を持ち上げると画面を点灯してインカメラでユーザーの顔を認識、ロックを解除する『見るだけ解除』に対応します。『AQUOS U』は11月下旬に発売予定。


京セラ製の『URBANO』は、2015年の夏モデルの後継となる新モデル。OSにAndroid 6.0、1.4GHz+1.1GHzオクタコアCPU、5.0インチ 1280×720ドットディスプレー、1300万画素カメラ、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、2600mAhのバッテリーを搭載します。防水、防じん、耐衝撃、Felicaのおサイフケータイに対応。本体カラ―はブリティッシュグリーン、ローズピンク、ロイヤルブラックの3色。

ディスプレー面の3コのハードウェアキーのほかに、側面に着信応答や電話アプリ起動に利用できる“電話ボタン”を搭載。フィーチャーフォンの10キー操作を画面上で再現する“ケータイ入力”、ディスプレー全体で音を伝える『スマートソニックレシーバー』、通話音質をチューニングする『聞こえ調整』、Android標準の1.75倍で文字を表示する『でか文字』に対応。『URBANO』は12月上旬に発売を予定しています。


『Qua tab PZ』は、2016年夏モデルとして発売されたスマートフォン『Qua Phone PX』、8インチタブレット『Qua tab PX』の同一シリーズとしてラインアップされるLGエレクトロニクス製の10インチタブレット。OSにAndroid 6.0、1.5GHz+1.2GHzオクタコアCPU、10.1インチ 1920×1200ドットディスプレー、500万画素カメラ、2GBのRAMと16GBの内蔵メモリー、7000mAhのバッテリーを搭載します。防水、防じん、ワンセグ、フルセグに対応。本体カラ―は『Qua Phone PX』『Qua tab PX』と同じホワイト、ネイビー、ピンクの3色。

置時計として利用できるアプリ『Info Clock』をプリインストール。テレビや音楽、フォトフレームなどよく利用する機能やサービスのランチャーとしても利用できます。スマートフォンと画面をリンクさせる『auシェアリンク』にも対応。『Qua tab PZ』は12月上旬に発売予定。

※製品写真を追加
『AQUOS』


『URBANO』



『Qua tab PZ』


参考記事:
KDDIがau 2016年秋冬モデル第1弾として『isai Beat』と『Xperia XZ』を発表
http://getnews.jp/archives/1539818[リンク]

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。