ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イスラエル&レバノンの注目アーティスト3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ORIENTAL MUSIC SHOW」(ナビゲーター:サラーム海上)。11月4日(金)のオンエアでは、中東と南アジア発の新しい音に注目しました。こちらではその一部を紹介します。

まず紹介するのは、イスラエルの若手実力派ポストロックトリオ「レイヤーズ」。ギター、ベース、ドラムスという最小編成で、超絶テクニックを駆使したインストゥルメンタルを演奏しています。イスラエルの音楽フェスで、演奏を生で聴いたことのあるサラームは「生で聴くと猛烈にグルーヴィーでスリリングでかっこいいんです。演奏力の高さに驚きました」と語りました。メンバーは3人ともまだ20代ということで、これからの活躍が期待されるバンドでもあります。

続いて紹介するのは、世界で最も知られているイスラエルのバンド「バルカン・ビート・ボックス」。彼らは名前の通り、東ヨーロッパのバルカン半島の音楽を楽曲に取り入れています。中でも、ジプシーのブラスバンドのサウンドとヒップホップを掛け合わせた表現で世界的に有名になりました。また彼らは、他のアーティストにサンプリングネタとして使われることが多いことでも有名です。

そして最後に紹介するのは、レバノン在住のプロデューサー、ゼイド・ハムダンが率いるバンド、「ゼイド・アンド・ザ・ウィングス」。ベイルートにあるゼイドのスタジオを訪れたことがあるというサラームは、彼本人の口から「自分の音楽が暗くてメランコリックなのは、ベイルートの暗い街並…そして舗道に反射する街灯のオレンジ色の光が影響している」と聞いたそうです。

なかなか馴染みのないイスラエルとレバノンの音楽ですが、この機会に触れてみてはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ORIENTAL MUSIC SHOW」
放送日時:毎週金曜 深夜2時−2時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc3/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP