ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

特別プランが魅力!東京ステーションホテル開業101周年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京ステーションホテルは、言わずと知れた、東京駅丸の内駅舎内にある赤レンガ造りの老舗ホテル。大正時代に創業したという歴史ある佇まいながら、2012年のリニューアルを経て、施設や設備はモダンに進化を遂げている。

このたび同ホテルでは11月2日(水)のホテル開業記念日を祝し、「ホテル開業101周年記念プロモーション」を開催。メインダイニング「ブラン ルージュ」を含むレストラン&バー6店にて、11月2日(水)から6日(日)までの5日間限定で、おトクなプランを用意するという。


まずロビーラウンジでは、『G.H.Mumm』のシャンパーニュフリーフローとシェフおすすめのタパス4品セットにして、4500円(税込・サ別)のスペシャル価格で提供。


レストラン「ブラン ルージュ」では、シェフソムリエがセレクションしたグラスシャンパーニュと、フランス産キャヴィアや九絵(くえ)など、秋の厳選食材で織り成す特別コースを楽しむプラン(1万9800円~/税込・サ別)を用意する。


アトリウムのゲストラウンジでは、黒毛和牛のローストビーフや赤ワイン煮込み、彩り野菜、フルーツを好きなだけ堪能できる「黒毛和牛ローストビーフディナー」(1万100円※ドリンク飲み放題/税込・サ別)を開催。


またバー&カフェ「カメリア」とバー「オーク」では、「東京駅」と「1915」という2つのシグネチャーカクテルをセットにして、特別価格2000円(税込・サ別)で提供。


そしてリストランテ&バー「エノテカノリーオ」では、“美と健康”をテーマに構成したスペシャルディナーコース「Vi Buono」(税込1万円)もお目見え。


さらに11月2日~12月16日の期間は、「ホテル館内ガイドツアー」「東京駅限定ギフト」「記念撮影」「朝食ブッフェ」「ウェルカムスイーツ」という5つの特典が付いた特別宿泊プラン(1泊1室2名 8万9296円~※税・サ込、朝食付)も。

この機会にちょっと贅沢をして、ヨーロピアンクラシックの洗練された空間と、一流の味わいを楽しんでみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP