ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『写真新世紀』受賞作品展が開催。過去最多1723組からグランプリが決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫


『写真新世紀』優秀賞選出審査会の様子

『写真新世紀 東京展2016』が、10月29日から恵比寿・東京都写真美術館で開催される。

本展は、新人写真家の発掘・育成・支援を目的としたキヤノンによる公募企画『写真新世紀』の受賞作品展。

過去最多となる1723組の応募から選出された作品の中から、優秀賞受賞者7人と佳作受賞者14人の作品を展示する。あわせて昨年度のグランプリ受賞者である迫鉄平の新作個展『剣とサンダル』が同時開催される。

11月11日には、今年度のグランプリを選出する公開審査会を実施。当日はグランプリ候補者7人による作品のプレゼンテーションと、審査員との質疑応答が行なわれ、審議によりグランプリが選出される。

また、10月29日(土)には、受賞者が自分の作品紹介や制作意図を語るトークショーを開催予定。第一部では、2016年度の佳作受賞者14名が、第二部では2016年度の優秀賞受賞者7名と、昨年度のグランプリ受賞者が登場する。

その他、審査員、学芸員によるポートフォリオレビュー、レクチャーなどの関連イベントも開催。詳細は『写真新世紀』のオフィシャルサイトにて随時公開される。

『写真新世紀 東京展2016』
2016年10月29日(土)~11月20日(日)
会場:東京都 恵比寿 東京都写真美術館 地下1F 展示室
時間:10:00~18:00(木、金曜は20:00まで)
出展作家:
河井菜摘
金サジ
金玄錫
櫻胃園子
高島空太
松井祐生
松浦拓也
ほか
休館日:月曜
料金:無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP