ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カラダが語りだす、世界の隠された物語。『BODY/PLAY/POLITICS』開催中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

展覧会『BODY/PLAY/POLITICS』が、神奈川・横浜美術館で10月1日より開催中。
本展では、人間の身体や集団としての行動、超自然的な存在など、歴史を通じて作り上げられた身体が生み出すイメージの数々を、国内外6人のアーティストが映像インスタレーションや写真作品などで発表する。出品作家には、インカ・ショニバレ MBE、イー・イラン、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ウダム・チャン・グエン、石川竜一、田村友一郎が名を連ねる。
タイトルにある「BODY」、「PLAY」、「POLITICS」という3つの単語について、担当学芸員の木村絵理子は「『BODY』は『集団的な身体』、『PLAY』は『社会的役割を演じること』という意味を込めた。つまり集団的な身体によって社会的役割を演じることの政治性『POLITICS』、という意味を表している。今の日本は保守化や言論の自由に関することなど、さまざまな面で窮屈になっていると感じる。そこで今の日本を、相対的に海外アーティストを通して再考したいというのがきっかけ」と語る。
各アーティストが、身体と政治性に対してどのようなアプローチを試みているのかに注目したい。

なお、会期中にはライブパフォーマンスや、ダンスのワークショップなども予定されている。同テーマの連携プロジェクト『横浜ダンスコレクション2017』も2017年1月から開催。


アピチャッポン・ウィーラセタクン《炎(扇風機)》2016 年、 シングル・チャンネル・ビデオ・インスタレーション Courtesy of Apichatpong Weerasethakul

『BODY/PLAY/POLITICS』
2016年10月1日(土)~12月14日(水)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(10月29日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:木曜(11月3日は無料開館)、11月4日
出展作家:
インカ・ショニバレMBE
イー・イラン
アピチャッポン・ウィーラセタクン
ウダム・チャン・グエン
石川竜一
田村友一郎
料金:一般1,500円 大・高校生1,000円 中学生600円
※小学生以下無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP