ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

公園のベンチも自由にプリント!公共空間づくりのためのオープンソースコミュニティ「Wikiblock」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Wikiblockのデータから出力された売店公園や広場といったパブリックスペースに設置するベンチ、椅子、プランターなどを、住民たちの手で、もっと自由につくることができたらどうだろう。

米国の非営利団体「Better Block(ベター・ブロック)」は、2016年10月、公共空間づくりに役立つ家具などのデザインデータを集めたオンラインプラットフォーム「Wikiblock(ウィキブロック)」を開設した。

・パブリックスペースに必要なものをオンデマンドで“出力”

Wikiblockで公開されている屋外公共図書館「Wikiblock」では、ベンチや椅子、プランター、ステージ、バス停、売店など、街のあちこちで日常的にみかける29種類の家具や設備のデザインデータをオープンソースとして公開。

誰でも無料で自由にダウンロードしたり、改変することができる。

デザインデータをもとに、CNCルーターを使って木材からパーツを切断し、ジグソーパズルのようにつなぎ合わせていくだけで、望み通りの家具や設備が完成する仕組みだ。

・Wikiblockのデザインデータが世界の街を変える?!

「Wikiblock」は、3Dプリンティング技術を効果的に導入し、健全で明るい公共空間づくりに、住民が主体的にかかわり、貢献するための具体的なツールを広く提供している点が秀逸。

住民自身がその地域に必要な機能やあるべき姿を考え、これらを実現するための手段として、「Wikiblock」で公開されているデザインデータが世界各地でどのように活用されていくのか、今後の動向にも注目したい。

Wikiblock

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。