ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェフ・ベック『ワイアード』発売40周年記念、世界初登場のSA-CDマルチ・ハイブリッド盤本日リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジェフ・ベックがキャリア初期に放ったいくつもの名盤の中で、とりわけ日本での人気が高い作品が76年の『ワイアード』。その発売40周年を記念した“SACDマルチ・ハイブリッド・エディション”が本日世界で初めて発売された。

 日本発の企画となる本作の目玉は、76年に希少枚数しか生産されなかった『クアドラフォニック』の世界初5.1ch化で、オリジナル・アナログ・マスターからDSDマスターへと落とし込んだ上で最新マスタリングを施した高音質サラウンド・ミックス。まるで聴き手を取り囲んだ形で演奏しているかのような臨場感あふれる迫力のサウンドで、通常のCDやアナログLPでは埋もれていたギターの微細なニュアンスが鮮明に聴き取れるだけでなく、オリジナル・ステレオ盤には無いギター・テイクがいくつも採用され、さらに各楽器のエフェクト処理や音量バランスも異なっていることから、ファンの間では“幻の別ミックス”と言われてきた伝説のマルチ・チャンネル盤だ。

 先行試聴会に参加したファンは、「一曲目のレッドブーツで鳥肌たちました」「音に包みこまれる臨場感、それぞれの楽器の分離がハッキリしていて、立体感が感じられた。」「期待通りにジェフのフレーズがハッキリと聞き取れました。弦が擦れる音も聞こえ、スタジオの中にいるような雰囲気も味わえました。」など、多くの声が寄せられている。

◎リリース情報
『ワイアード -SA-CDマルチ・ハイブリッド・エディション-』 
(SA-CD/CD2層構造ディスク)
EICP 10004/5,000円(Tax out.) 
完全生産限定盤2016/11/2(水)RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

メイド服でロックするBAND-MAID ジェフ・ベックを筆頭に豪華レジェンドたちが集うイベント出演決定
ジミー・ペイジ&ジェフ・ベック日本初共演【CLASSIC ROCK AWARDS 2016】最終ラインナップ発表!
ジェフ・ベック、6年振りとなるオリジナル・スタジオ・アルバムが完成、7月15日に全世界同時リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP