ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが2016年首位最長記録達成、次週も首位キープの可能性大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 主要三部門を制覇し、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が、11週目のNo.1獲得を果たした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 5月から10週の首位を死守した、ドレイクの「ワン・ダンス」を上回り、2016年度首位最長記録をを更新した、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」。デジタル・ダウンロード、エアプレイ、リリック・ビデオのストリーミングが絶好調で、主要3部門を制覇。そして、10月24日に公開されたミュージック・ビデオが、既に2200万回の視聴回数を記録し、その数字が次週のポイントに加算されるため、おそらく12週目のNo.1獲得も間違いないだろう。

 今週、首位と入れ替わることが期待されていた、ザ・ウィークエンドの「スターボーイ」は、ミュージック・ビデオの視聴回数が、公開1か月で1億5000万回を突破する凄まじい記録を達成したが、累計ポイントは「クローサー」には及ばず、首位には到達できなかった。次週以降、期待したい。

 新作『ジョアン』が、今週のアルバム・チャートで首位デビューを果たした、レディー・ガガは、本作から、57位に2ndシングル「ミリオン・リーズンズ」、66位に「A-YO」、78位には1stシングルの「パーフェクト・イリュージョン」の3曲を、100位内にランクインさせた。ガガは、11月1日に来日し、日本でアルバム・プロモーションを行う予定。

 12月に急遽リリースされることが発表された、ドレイクの新作、『モア・ライフ』からの先行シングル「フェイク・ラブ」が24位に、「スニーキン」が38位に初登場した。自身のインスタグラムで公開したジャケット・アートには、パイプを咥えたドレイクの父親が起用されている。アルバムの正式なリリース日や、プロデューサー、ゲストの詳細は発表されていないが、おそらく、ミックステープとして発売される予定。4月に発売されたアルバム『ヴューズ』は、今週も5位にランクインするロングヒットを記録している。

 2014年にリリースしたクリスマス・アルバム『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』(最高位2位)の第2弾となるホリデー・アルバム、『ペンタトニックス・クリスマス』が、今週のアルバム・チャート3位にデビューした、ア・カペラグループ、ペンタトニックス。本作からのリード・トラック「ハレルヤ」が、今週のソング・チャートで32位に初登場し、自身3曲目となるTOP40入りを果たした。次週以降は、ホリデー・シーズンに人気のナンバーも、徐々にランクインすることが予想される。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、2日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
2位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
3位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
4位「レット・ミー・ラブ・ユー」DJスネーク feat.ジャスティン・ビーバー
5位「ブロッコリー」D.R.A.M.
6位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
7位「サイド・トゥ・サイド」アリアナ・グランデ feat.ニッキー・ミナージュ
8位「コールド・ウォーター」メジャー・レイザーfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー
9位「ジュジュ・オン・ダット・ビート」ゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコール
10位「アイ・ヘイト・ユー・アイ・ラブ・ユー feat. オリビア・オブライエン」グナッシュ

関連記事リンク(外部サイト)

11月12日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
11月12日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
これまでの楽曲とは少し違うテイスト!? 一度聴いたら頭から離れない中毒性を持つ、ザ・チェインスモーカーズの新曲(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP