ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【日本橋】リピーター続出!和カフェ「芽吹茶屋」のしっとり美味しい福徳焼

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

日本橋ぶらり。


芽吹茶屋です。雰囲気的には新しい感じがします。入口に胡蝶蘭が飾られていたので新しいお店だと、ちょっと確信。食後にちょっと甘いものが食べたくなり入ってみました。各地の老舗や名店とコラボしたテイクアウトが中心の和風カフェらしい。でも店内にはテーブル席(2人かけ)が確か3つぐらい置いてあり外にもベンチが置かれていて店内で味わうこともできます。ガラス張りで外からも良く見える店内。見えると安心しますよね~。


お店の入口に大きくメニューがかかれていて、中に入ると右側は冷蔵ケース、レジ、今川焼きを焼く機械が並び、左側はテーブル席。「芽吹巻き」という細長い稲荷寿司もあり、冷蔵ケースは残り少なかったのでランチでも結構売れているのかもしれません。私は福徳焼きという粒餡の今川焼きを注文。他にも出汁を使ったちょっと変わったものもあって、デザートとしてのイメージしかなかった今川焼きですが、食事として味わうこともできる珍しいお店。ドリンクも特徴的でした。ミカドコーヒーのコーヒーや、山本山のお茶などを提供してくれます。お店の中の席が空いていたので「たった1個の注文で申し訳ないのですが中で食べても大丈夫ですか?」と聞いたところ快く笑顔で「大丈夫ですよ!」と言ってくれました。手渡された福徳焼はほんのりあたたかい。あらかじめ作られたものを、鉄板で保温している様子。テーブルは明るい木目で椅子は緑色。


和がテーマなお店ですし、グリーンティーも扱っているので緑の椅子がお店の印象とぴったり。早速座って福徳焼を味わいます。


生地は厚みがあって、中はふわっとしつつもシットリ。決して半生という感じはなく、でも程よいしっとり感なんです。餡はときおり大きな粒を感じます。甘さ控えめで豆の食感も感じられる品のある餡。テーブルに置いてあった説明書きを見てみたら、大納言と大正金時の二つの豆を炊き合わせた自家製とのこと。150円にしては味も食感も満足です。テイクアウト向けに考えられているだけあって全体的にリーズナブル。続々と入ってくるお客さんのほとんどはテイクアウト。近くのビジネスマン達がコーヒーやお茶を買いに来ている様子を多く見られました。気軽に利用できる清潔感あふれる明るい雰囲気の和カフェです。


[寄稿者:まちむすめ]
■あわせて読みたい
もらってうれしい、買ってうれしい、心をくすぐる和菓子5選
http://tabizine.jp/2015/03/10/31109/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP