ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S8では90%近い画面占有率を実現?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が同社の次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S8」で、90% 近い画面占有率の狭額縁デザインを採用するのではないかと予想される情報が出てきました。Samsung のグループ企業 Samsung Display はこのほど、額縁を極限にまで細くした “フルスクリーン” の OLED パネルを開発したことを明らかにしました。同社の上級エンジニア Park Won-sang は先週韓国・ソウルで行われた iMiD 2016 イベントで The Investor の記者に対し、新たに開発した OLED パネルが Galaxy S8 に採用されるのかどうかは明かさなかったものの、来年には 90% を超える画面占有率のスマートフォンを目にすることになるでしょう、と述べ、Galaxy S8 での採用を仄めかしました。Samsung は先日の決算説明会の場で Galaxy S8 の外見について「滑らかなデザイン」だと話していました。このため、Galaxy S8 でデザインが刷新されるのはほぼ間違いないと見られています。Source : The Investor

■関連記事
シャープ、台湾に続きマレーシアでもスマートフォンを販売
スクエニ、スマートフォン版「ドラゴンクエストVII」の33% OFFセールを11月6日まで実施
ドン・キホーテ、19,800円+税の2in1 Windows 10タブレット「ジブン専用PC&タブレット(KNWL10K-SR)」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP