ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米B&Nは久々に自社ブランドのNook Tabletを発売へ、Google Playストアもサポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の大手書店チェーン Barnes & Noble は、3 年ぶりに自社ブランド「NOOK」の Android タブレットを開発していることが FCC で認証を取得した「BNTV450」の資料から判明しました。B&N は 2013 年まで自社で Android タブレットを開発していましたが、2014 年からは Samsung と提携して Galaxy Tab を Nook ブランド化して販売していました。3 年ぶりに B&N ブランドで販売される見込みの BNTV450 は、中国メーカーが製造を担当している 7 インチタブレットで、過去の Nook Tablet とは違って Google Play ストアをサポートしています。認証情報からはこのほか、MediaTek MT8163 クアッドコアプロセッサや 3,000mAh バッテリー、Micro SD カードスロットを搭載し、Wi-Fi と Bluetooth に対応していることも確認できます。ほぼ一般の Android タブレットに近い製品となりそうです。Source : FCC

■関連記事
Google、Playストアの信頼性を維持するために詐欺やスパムインストールへの対策を強化
OnePlus、OnePlus 3向けにOxygenOS 3.5.5ベータ版をリリース
TAG Heuer Connectedの“ローズゴールド”バージョンが登場

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP