ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia XZにAmazonで販売されている安物ガラスパネルを貼ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile の最新フラッグシップ「Xperia XZ」に Amazon で販売されている 877 円の安物ガラスパネルを貼ってみました。今回試したのは、Amazon でよく目にする ShineZone のガラスパネル「ShineZone Sony Xperia XZ 専用強化ガラスフィルム 日本製素材 国産ガラス採用 0.3mm 超薄型.表面硬度 9H・ラウンド処理・飛散防止処理・高透過率・撥油性保護フィルム」というものです。中国サプライヤーの製品なので、あまり期待はしていませんでしたが、安いわりにそこそこ良かったので紹介します。Xperia XZ では端部が緩やかにカーブした 2.5D パネルを採用していますが、ShineZone のガラスパネルは曲がった部分を避ける形で成形されています。端部に隙間が生じてしまいますが、個人的にはフルスクリーンタイプだと端部が浮いてくる場合が多いので、こっちの方が安心して使用できます。それにケースとの干渉も防げますし。実際に貼ってみると、貼り付けることは問題なく行えましたが、スピーカー部分の成形がやや甘いようでした。また、しっかりと貼ったつもりなのに、端部に若干剥がれる兆候が見られます。この点が高価なものとの違いでしょうか。液晶の色合いが大幅に劣化することはなく、表面のタッチ感も裸のままよりも滑らかな印象だったので、普段使う上では特に問題を感じませんでした。側面から見るとディスプレイを覆っていない部分から液晶が見えていますが、これは 2.5D ガラスパネルのためです。エッジ部分を覆わないタイプのガラスパネルなので、横から液晶が見えてしまいます。

■関連記事
HTC、HTC 10台湾モデルに1.98.709.5ビルドへのアップデートを配信開始
Wi-Fiスポット自動接続アプリ「タウンWi-Fi」が災害発生時の00000JAPANをサポート
Google、Android Autoの公式ユーザーコミュニティを新設

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP