体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【簡単レシピ】ほっと温まるドリンク3選〜パンプキンスパイスが大ブーム!〜

体がほっと温まる、アメリカの定番ドリンク3選【かんたんレシピ付き】
温かい飲みものが恋しい季節になりました。湯気の立つマグカップを両手に包めば、寒空の下でも気持ちがほっと落ち着きます。秋から冬にかけてアメリカでよく飲まれているホットドリンクを、かんたんな作り方と共に3つ紹介します。

パンプキンスパイスラテ

体がほっと温まる、アメリカの定番ドリンク3選【かんたんレシピ付き】
ここ数年、アメリカで一大ブームになっているフレーバーがパンプキンスパイスです。
日本ではハロウィンのシーズンになるとオレンジ色の“何でもあり商品”が町中にあふれますが、アメリカではパンプキンスパイス商品がまさにそれ。ドーナッツ、アイスクリーム、シリアルなどの食べ物はまだ良しとして、ボディクリームやキャンドルにまでパンプキンスパイス商品が存在します。

「パンプキン」といっても、かぼちゃは含まれていません。200年以上も前からパンプキンパイに使われているスパイスで、主にシナモン、ナツメグ、ジンジャーパウダーで構成されています。

ブームの火付け役は大手コーヒーチェーンのスターバックスでした。2003年にパンプキン・スパイス・ラテ(イニシャルをとってPSLと略されます)を発売するや否や大ブーム。そのブームは2016年の今も続いています。【レシピ】海外スタバで大人気の夏限定フラペチーノ「スモア」味の再現方法!でもお伝えしましたが、日本と海外のスタバの人気商品は少し違いがあるんですね。

そんなパンプキンスパイスラテ、日本でもかんたんに作れます。レシピは以下の通りです。

材料(1人分)
牛乳・・・1カップ(豆乳やココナッツミルクでもOK)
濃い目のホットコーヒー・・・1/4カップ
シナモン・・・小さじ1/4
ナツメグ・・・少々
はちみつ・・・小さじ1(メープルシロップでもOK)
※お好みでホイップクリーム

作り方
1、ホイップクリーム以外の材料を小鍋に入れ、よく混ぜる
2、沸騰しない程度に鍋で温める
3、マグカップに移し、お好みでホイップクリームをトッピングすればできあがり

アレンジ
材料にかぼちゃの裏ごしを大さじ1加えると、正真正銘(?)のパンプキンラテになります。

■あわせて読みたい
【簡単レシピ】チョコレートケーキみたい!本場フランスのホットチョコレート

次はホットアップルサイダーをご紹介。

ホットアップルサイダー

103285-03
アップルサイダーとは、アメリカやカナダで飲まれている無ろ過・無添加の100%生しぼりリンゴジュースのこと。
アメリカのいくつかの州では「ろ過・低温殺菌したものをリンゴジュース、そうでないものをアップルサイダーと表示すること」という取り決めがありますが、大抵はジュースもサイダーも同じものとして扱われます。

秋になるとスーパーマーケットの店頭にはペットボトル詰めのアップルサイダーがずらりと並びます。

所変われば品変わるで、ヨーロッパでアップルサイダーというと、リンゴを発酵させたアルコールのことを指します。フランスの代表的なアルコール「シードル」は、サイダーをフランス語読みしたものです。

ここでご紹介するホットアップルサイダーは、北米式のノンアルコール。スパイスの量を減らせばお子さんでも飲むことができます。

材料(1人分)
100%リンゴジュース・・・1カップ
クローブ・・・2本
オールスパイス・・・1粒
シナモンスティック・・・2cmほど
三温糖・・・大さじ1

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。