ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通秋葉原制覇】蕎麦粉にコダワル立ち食い蕎麦屋で『げそ天そば』を食す! @『みのがさ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

秋葉原の美味しい情報をお届けするガジェット通信の“秋葉原制覇”ですが、あえて言おう!

「そろそろ寒いんじゃね?」(2016年10月現在)

夏は蕎麦だろ江戸っ子的に考えてと思っていた神奈川県民の筆者(YELLOW)ですが、ぐっと寒くなって来て改めて

「アキバで食べる温かい蕎麦」

の良さを発見した次第です。特に秋葉原周辺は立ち食い蕎麦の激戦区ですので、一通り食べてレポるのが筆者の義務であると考えます。

信州戸隠生蕎麦『みのがさ』

筆者、蕎麦の味が分かると言うほどの“蕎麦喰い”ではありませんが、この『みのがさ』の蕎麦は好きなんですよね。

やはり素材の良さというか“蕎麦粉”にコダワリを持っていて、それをベテラン(麺打ち歴50年)の職人さんが毎朝製麺しているのですから、大規模チェーン店と比べて美味いのは当たり前、同じ土俵で語るのが間違いです。

まあ、流石に“手打ち”の本格的な蕎麦に比べるとアレですが、手打ちの蕎麦と立ち食い蕎麦は別モノだと思うので、立ち食い蕎麦としては上々だと思います。

基本、立ち食い蕎麦屋は戦場である!

時間に追われる人が利用する事の多い立ち食い蕎麦屋は、基本的に戦場で御座います。

「オメーちんたら写真撮ってんじゃねぇぞボケが!」

ってのが当たり前の世界ですので、めちゃめちゃ空いている時間帯を狙って訪れてみました。

ここまで静かなパターンも珍しいのですが、店の人は油断する事なくオペレーションに集中していたのが印象的です。

『げそ天そば』を食す!

整いました。

これぞ『げそ天そば』(470円)という感じではないでしょうか?

ちょうど空いている時間帯だったので、心なしか盛り付けも丁寧な気がしますね。ってか、これが本来の『げそ天そば』のビジュアルです。

立ち食い蕎麦屋に行くと「何を食べて良いのか分からない……。」みたいにメニューに悩む人が居ると思うので、あえて言おう!

「悩んだらとりあえず“げそ天的な蕎麦”にしとけば間違いない!」

と……。かき揚げ的な何かは店によって個性があり面白いのですが、逆に予想していた具が無かったりするリスクもあるので、筆者としては“げそ天”をデフォルトとしてオススメしますね。

流石に蕎麦は文句無しである!

蕎麦はピンキリですので、上を見たら美味しいのはナンボでもありますが、値段も含めてトータルで考えると、この『みのがさ』のポテンシャルは高いと思います。

むしろ、この蕎麦が駄目だったら“立ち食い蕎麦”って選択肢は消えてしまうので、大人しく千円払って有名店に行って下さい。

温かい蕎麦汁も良し!

まさに天麩羅を美味しく食べる為の“蕎麦汁”と言っても過言ではありません。

“蕎麦、蕎麦汁、天麩羅”が三位一体となってこその味ですので、どれかひとつを切り出して評価するのは野暮で御座います。

その点、この『みのがさ』のバランス感は秋葉原でも上々でして、値段を含めたコストパフォーマンスで考えると、確実に上位に入る実力があると思います。

ご馳走様でした!

『みのがさ』 総評

筆者にしてはシンプルにまとめた感がありますが、蕎麦ってのはこんな感じじゃないでしょうか?

さっと入って蕎麦をたぐって店を出る……。

この洗練された所作こそ“蕎麦”の基本にして究極かと思いますので、あれこれイジり倒して書く必要なないと思うんです。むしろ

「美味しかった!」

の一言だけで良いんじゃないですかね?

もっとも美味しかったの一言で済ますと記事自体がボツるので、あれこれ無理してイジってるのですが、正直必要ないと思います。

というわけで、みなんさもあれこれ考えずに、さっと『みのがさ』に入って美味しい『げそ天そば』(470円)を食べて見て下さい。

『みのがさ』神田和泉町店

住所:東京都千代田区神田和泉町1-3-2

営業時間 6:00~19:00
土日祝日 6:00~15:00

定休日:年中無休

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP