体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最旬“青春グラフィティ・ムービー”『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』

EWS!!メイン_light

6才の少年が成長する12年間を、実際に12年間の歳月をかけて撮影した『6才のボクが、大人になるまで。』で、2014年の映画賞を総なめにしたリチャード・リンクレイター監督の最新作『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』が11月5日より公開となります。

1980年の夏を舞台に、野球推薦で大学に入学することになった主人公・ジェイク(ブレイク・ジェナー)が、新学期が始まる直前の3日間、個性的なチームメイトたちと、野球、女の子、流行りの音楽、パーティ、お下劣なジョーク……あらゆることに全力で打ち込む姿を描き、リンクレイター監督が「あの12年間の続きになるような、大人の扉を開けるひと時を描いている」と語る本作。

REV_3249.NEF

たった3日間の何気ない日常を描きながら、何故か心が動かされます。それは、『アメリカン・グラフィティ』『スタンド・バイ・ミー』『ブレックファスト・クラブ』に連なる、新たな” 青春グラフィティ・ムービー”の傑作だからです。

筆者をはじめ、いち早く本作を観た人達はみんな、「青春!」「アメリカの大学行きてえ!」「この年齢に戻りてえ!」とのたまうのですが、そもそも”青春グラフィティ・ムービー”とは何か? 今回は名作青春グラフィティ・ムービーの情報や、『エブリバディ・ウォンツ・サム!!』との共通点をまとめてみました。

【“青春グラフィティ・ムービー”って一体どういう映画?】

1:“グラフィティ”=“落書き”のような映画。
つまり青春の1ページを切り取った様々なエピソードがまさに落書きのように綴られている映画です。

2:期間限定の物語を描いている。 
何年にもわたる壮大な物語ではなく、1週間、3日、1日、1夜というように期間限定、その人の人生に強く印象に残る一瞬を描いた青春映画。

3:アンサンブルキャスト
登場人物の誰か一人に焦点を当てた物語ではなく、群像劇もしくは数人の登場人物をグループとして描き、一人の心情ではなく、色々な登場人物から青春を投影する。そこから後の大スターを生み出すこともしばしば。

4:時代を代表する音楽の数々や、映画を象徴するテーマ曲が必須。
青春映画だけに、その時代を代表する音楽が重要な役割となる。とりわけ、サウンドトラックがその時代を表すコンピレーションアルバムになったり、主題歌が強烈な印象を残す。

5:恋愛、友情、出会い、別れ、大人への旅立ち
青春時代の恋愛、友情、新たな出会いや別れ、そして大人へなっていく……。誰もが経験する、大人になるまでの出来事と、繊細な心の動きを丁寧に描きます。

DSC_7100.NEF

【“青春グラフィティムービー”のルーツは?】

語源にもなったジョージ・ルーカス監督による『アメリカン・グラフィティ』(73)では無いでしょうか。『アメリカン・グラフィティ』は、ルーカスが青春時代を過ごした1960年代のカリフォルニア州・モデストを舞台にしており、アメリカ人の誰もが持つ高校生時代の体験を映像化した作品。

1962年の夏、多くの登場人物が旅立ちを翌日に控えた夕刻から翌朝までの出来事を追う「ワンナイトもの」。『アメリカン・グラフィティ』のキャストは、当時無名だったリチャード・ドレイファス、ハリソン・フォード、ロン・ハワード、チャールズ・マーティン・スミスら。彼らは後にアメリカ映画を代表する大スター・売れっ子監督になっていった。ちなみに当時プロの役者だったのは、今はアカデミー賞監督となったロン・ハワードだけ。『アメリカン・グラフィティ』では、ルーカス自身が体験した青春のエピソードを、当時ラジオでかかっていたヒット曲のみをサウンドトラックにしています。それ以降、青春時代のエピソードを、当時のヒット曲で綴る映画を「アメグラもの」と表現することもあります。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy