ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気スタイリストが30歳を過ぎてハマったこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「Cosme Kitchen ORGANIC CONCIERGE」。今週のゲストは、スタイリストのMoriyasuさんをお迎えしてお話を伺っています。

湘南に暮らし、子育てをする二児の母。そして1年中海に入るサーファーという顔をもつMoriyasuさん。25日(火)のオンエアでは、サーフィンの話、そして海を通じての人との出会いについて語ってくださいました。

まずは、もともとのサーフィンとの出合いについて。

「15年前程前に引っ越してすぐ、雑誌の取材が来て、その時の編集の人がサーファーで、せっかく海の近くに来たからサーフィンをやりたいと言うので、じゃあ一緒にやってみる? 地元だから友達に板貸してもらう? っていう流れになって、そうしたら地元のプロの人が教えてくれるということになり、撮影の後にそのまま海に行って水着になって、サーフィンをしたんです。それがきっかけでした」(Moriyasuさん、以下同)

30歳を過ぎてから、急にサーフィンに目覚めてしまったというMoriyasuさんは、湘南生まれの湘南育ちだったものの、それまではサーフィンに全く興味がなかったそうです。音楽が好きだったので、むしろ東京に行きたい派で、地元で友達と遊ぶ時は「日焼けは絶対にしない!」というポリシーでがんばっていたとか(笑)。

サーフィンにハマったきっかけは、最初に教えてくれた、今ではMoriyasuさんにとって師匠のような存在であるプロサーファーの存在が大きかったようです。

「その方がすごい明るい人で、一緒にサーフィンをしたのがすごく楽しかったんです。いつもニコニコで、こんなに年をとっても笑顔でいられるって最高だなと、思ったんですよね。教えてくれた方が最高にいいエネルギーを持っている人だったから、っていうのもあったかもしれないですね」

そんなMoriyasuさんに、経験を積まれた今だから見えるサーフィンの魅力についても伺いました。

「まだ十数年なので魅力を語れるほどじゃないですが…強いて言えば、いろいろな人に出会えることでしょうか。東京にいた頃は、洋服業界、音楽業界といった、けっこう限られた狭い知り合いしかいなかったんですが、サーフィンを始めてからは、いろいろな仕事のひとたち、子供からおじいちゃんおばあちゃんまでみんな仲良くなれて。みんながニコニコしてるし。楽しいことをしていると皆楽しいし、いいことばっかりだから、自然のいいエネルギーで皆が笑顔になるんじゃないかと思います」

26日(水)は、Moriyasuさんにスタイリストというお仕事について伺います。どうぞお楽しみに。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP