ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明日から変えられる、人生を良くするためにすべきたった一つのこと

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

つい口に出してしまう言葉、「口ぐせ」。自分では気づかなくても、聞いている側からすれば気になることも多い。

そして、言葉が人生を変えるということはよく聞く話だが、「口ぐせ」がその人自身の人生に大きく影響することもあるわけだ。

そんな「口ぐせ」を使って自分を改革する方法を説明しているのが、『人生は「口ぐせ」でまるごと変えられる。』(野口健幸著、秀和システム刊)である。

■ネガティブな言葉を発さないようにするには

積極的に使うべき言葉は、「大好き」「楽しい」といったポジティブな一言。でも、「できない」「難しい」というような、ネガティブな言葉を口にしてしまうことは誰にでもあるだろう。

そんなときは、まず「キャンセル」と発して、すぐにその言葉を取り消してみる。

その上で、「自分には、できる」と自己暗示をかけると、脳は活発に働きだし、逆に苦手意識は消えていく。科学的にも「人間の脳は気分のいいときに最もよく働く」と証明されているが、これはいい言葉を使うことでつくり出せるのだ。

その「いい言葉」の中で、なるべく意識して使いたいのが「ありがとう」である。

「ありがとう」は、心の中で思ったり、ぼそぼそ言ったりするのではなく、はっきりと口に出して相手に伝えることが大事。相手を喜ばせるためではなく、自分自身のためになるからだ。

■良い言葉を意識的に使うことで人生は変わる

自分が発した言葉は、相手が聞いているとともに、自分も聞いている。つまり、自分の発した言葉は自分自身も浴び続けているのだ。

だから、普段からどんな言葉を発するか、どんな言葉を使って考えをまとめていくかにより、意識や行動、つまりは生き方や人生のありようが決まっていく。

人間の脳は、複雑なようでいて実はとても単純で、ちょっとしたことでだまされてしまう特性がある。

つくり笑顔であってもニコニコ顔でいれば、次第に気分が上向き、楽しくなる。つくり笑顔をうかべていると「自分は今、とても幸せなのだ」と脳が錯覚し、ウキウキ気分を醸成してくれるのだ。

この現象を心理学では「顔面フィードバック効果」と呼んでいる。同じように、言葉を使うことでも脳をだませる。いい言葉を使うことで、脳はいい方向に影響されていくのだ。

現状に満足していないという人は、いい言葉を口にすることで、仕事やプライベートが好転するかもしれない。また、忘れてはいけないのは、「言葉の力」は思っている以上に大きいということだろう

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

92歳女流作家が語る「人の値打ち」が分かってしまう場所

人気ダイエットアドバイザーが指摘する「太りグセ」 あなたはどのくらい当てはまる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。