体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「大企業病」につけるクスリはあるのか?

f:id:kensukesuzuki:20161020161631j:plain

面と向ってだと言えないこともある。だったら面と向かわずにインタビューしてみてはどうだろうか。好きな人に対面で告白はできないけど、メールなら告白できる現代人ならではの背中越しのインタビュー。二人目の背中は大手精密機器メーカーに所属する大川陽介さん。社内では有志活動である「秘密結社わるだ組」を運営し、今年は組織の枠を超えて大手企業同士が繋がる有志団体「One JAPAN」の設立にも携わる。背景には、保守的で新しいことが前に進まない、いわゆる「大企業病」と呼ばれる組織改善がある。果たして有志活動は大企業病を治すクスリとなるのか。

「大企業病」を治すための漢方薬がある?

ハブチン:大川さん、背中越しではありますが、本日はよろしくお願いいたします。

大川:よろしくおねがいします。背中越しだと、インタビュー受けてる感じじゃないですね。独り言でしゃべってる感じがする。

ハブチン:ゆっくり考えて話せる感じがしません?

大川:うん、そんな気がする。目から入る情報量が少ないからかな。

f:id:kensukesuzuki:20161020162402j:plain

ハブチン:そうかもしれませんね。こんな感じで進めていきたいですが、本日のテーマは「大企業病につけるクスリはあるのか」です。大川さんは本業とは別に有志活動として、様々なイベントやワークショップを開催して、組織の枠を超えたネットワークを形成されています。

かつて私も会社員時代に大川さんともイベントの企画をご一緒させていただきました。それから私は独立して、一方で大川さんは今年「One JAPAN」という大手企業の若手がイノベーションに限定せず働き方などまでも政府に提言し、実践する団体を立ち上げました。

視点や立場が異なる私たちが「大企業病」について語ることで気づきが生まれるのではないかと思い、今回インタビューさせていただくお時間をいただきました。

大川:わかりました。よろしくお願いいたします。

ハブチン:大川さんの有志活動「わるだ組」はいつから始められたんですか?

大川:2012年の4月23日ですね。

ハブチン:日付まで覚えていらっしゃるんですね。2012年か。

有志活動の取り組みとして早いですよね。その当時に有志活動みたいなものは他にあったんですか?

大川:あまり他には聞かなかったですね。自分たちの活動が合っているかどうかもよくわからないままやっていました。一年後くらいにパナソニックにも「One Panasonic」っていう有志の団体があるということを、社内の教育・研修担当から聞きました。

ハブチン:「One JAPAN」を一緒に立ち上げられた濱松さんが立ち上げられたパナソニック社内の有志活動ですね。

大川:向こうも「わるだ組」の活動に興味を持ってもらって、わるだ組×パナソニックで「わるパナ」というイベントを横浜で開催したんですよ。

ハブチン:なんか悪いパナソニックみたいですね笑。それでどうだったんですか?

大川:パナソニックの若手社員が15人くらい来たんですけど、東京在住者はほとんどいなくて、みんな福岡や大阪など、地方から来るんですよ。もちろん有志活動だから自腹で。

ハブチン:おぉなんか熱いですね。

大川:マジかよ、どんだけの熱量だと思って。そこから他社との交流も始まり、マイクロソフトさんも交えて三社祭ってイベントをやりました。最初は社内の部署をつなげる活動からやっていたけど、段々社外へ目を向けて社外との交流が進んでいった感じです。

ハブチン:それから「ボトムアップジャパン」や「しんびじ」など、いろんな有志活動が誕生していきます。そして今年は「One Japan」で、26社100人以上の大手企業の方々が設立総会に参加されたということで。大手企業中心にムーブメントが巻き起こっているのではないかと感じます。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。