ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オタキングの今昔を堪能? 交流も? DMM Lounge『岡田斗司夫ゼミ室』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

評論家で自称“オタキング”岡田斗司夫さんが会員制ウェブコミュニティ『DMM Lounge』で自らのコミュニティメンバーを募集している。

『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』と冠したコミュニティではこれまで過去10年間に岡田さんが出演した『ニコニコ生放送』や公式オフ会、ラウンジ会員限定講義の動画が堪能できるだけでなく、SNSを介した交流も可能だということ。

若い娘さんにオススメできるかどうかはわからないが、現在(2016年10月20日執筆時)、募集枠120名のところすでに75名の参加者が集まっている。

会費は月5400円。興味のある方はぜひ募集ページをチェックしてほしい。

『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで~』
https://lounge.dmm.com/detail/103/

※画像は『DMM Lounge』から引用しました

カテゴリー : エンタメ タグ :
中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP