ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【手作り】超絶カンタン! 天然成分でお肌にやさしいハンドクリームを作ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


最近だんだん、朝晩はめっきり寒くなってきましたね。冬に向けて空気も乾燥しだして肌がカサカサになってくる季節……。

飲食系のアルバイトや家事など水を使う仕事をしていると、手の水分不足からカサカサしてしまう人も多いのでは? ひどくなると皮膚が切れて出血してしまうことも。

そこでお役立ちなのがハンドクリーム。いつもバックに入れて携帯している人も多いですよね。ネットで調べてみるとそんなハンドクリームが、とっても簡単に作れるのだそう! 早速作ってみることにしました。

準備するもの

■材料(5グラム容器1個分~2個分)
・蜜蝋:2g
・植物オイル:10ml
・アロマオイル:1滴

アロマオイルは必ず必要なものではないけれど、癒やし効果もあるのでオススメ。

今回ゼラニウムを使いました。手作りの醍醐味、お気に入りの香りのアロマを使うと自分ごのみのハンドクリームが作れるのがうれしいですよね。

入手方法 蜜蝋はネットで、植物オイルはアロマオイルと一緒に


蜜蝋(みつろう)とは?
ミツバチの巣から蜂蜜をとった後に熱と圧力を加えたり、湯で煮溶かして作られる天然ワックスのこと。

既製品のハンドクリームの場合、成分表記はあるもののどんなものかは実際のところよくわからないのですが、今回作るハンドクリームは天然成分の「蜜蝋」を使って作るので体にやさしく安心です。

また、ハンドメイドのリップクリームやクリーム系の化粧品等の材料によく使わるのだとか。販売店舗が少ないため、今回はネットで購入しました。



植物オイルはアロマオイルを取り扱っているショップで一緒に購入。

作り方は? 混ぜて湯せんするのみ!

■必要なもの
・湯煎用のボール
・耐熱容器
・クリームを入れる容器(100円均一で購入)

STEP1)耐熱容器にホホバオイル10ml(小さじ2杯)と蜜蝋2gを入れて湯煎します。

STEP2)蜜蝋を完全に溶かしてオイルとよく馴染ませます。※蜜蝋が湯せんで溶けづらかったので、事前に細かく包丁で砕いておきました。火にかけながら湯せんすると早くとけます。

STEP3)2に、アロマオイルを1滴いれ、よく混ぜ合わせます。


STEP4)クリームを容器に移して完成!
混ぜて湯煎するだけなので簡単。あっという間に作れました。

使ってみた


作ってみたものを職場の女性スタッフに使ってもらいました。

・固めのクリーム。リップバームみたいな印象。
・固いけど、体温でスッと溶けるので塗りにくくはないです。この香り好きです。
・結構しっとりするけど、ベタつかないね。

との声。とても好評です。

お値段は?

さてかかったお値段ですが、

・蜜蝋:2g 30円(50g 750円(ネット通販)2gあたり約30円)
・ホホバオイル:10ml 180円(50ml 900円(ホボバオイル)10mlあたり約180円)
・アロマオイル:1滴 4.5円(20ml:1800円 1滴(0.05ml):4.5円)
・容器100円均一:1個あたり 50円(2個100円)

合計:1個あたり、約265円です。
容器は繰り返し使えるので、材料費だけを考えると約215円。

植物オイルは食用のオリーブオイルでもいいようなので、コスパで考えたい人は、ご家庭にあるオリーブオイルを流用すると100円以下(容器代を抜くと50円以下!!)で作れてこちらもオススメ。

今回は、しっとり効能重視、保湿効果の高い“ホホバオイル”を使いました。

まとめ


簡単に手作りできちゃうハンドクリーム。学校の友だちやアルバイト先の仲間にプレゼントしても喜ばれそう。

小さい容器に保存できるので、手荒れしやすいかたは、バッグやポーチにいれて水仕事のアルバイト後に「ヌリヌリ」。ご自宅の洗面所やキッチンなど水仕事の場所において「ヌリヌリ」。寝室において寝る前に「ヌリヌリ」。たくさん作って、忘れないうちにこまめにケアしてあげると◎。

この冬は体に優しいハンドクリームで手のカサカサを予防してみてはいかが。

※直接お肌に使うものなので事前にパッチテストをしてみてね。

文:erini 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP