ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの「ハムの人」がハムを鍛えました

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。「別所哲也」という名前を聞いて「ハムの人」と連想する方も多いと思いますが、10月19日(水)のオンエアでは、「『ハムの人』と呼ばれ続けて20年。ハムに感謝」という別所が“ハム”を鍛えました。

“ハム”とは筋肉のこと。ということで、“ハム”の鍛え方を「吉川メソッド」代表でボディデザイナーでもある吉川朋孝さんに教えていただきました。まずは鍛える上での、基本的な考え方のお話から。

「基本的な考え方は、正しいフォームで確実に“筋破壊”をすることです。筋肉が成長するというのは、筋破壊をするから修復した時に前回よりも強くなるんです。つまり、破壊と再生の繰り返しで筋肉を作り上げるんです」(吉川さん、以下同)

筋トレを続けていくうちに回数をこなせるようになりますが、それは筋肉がついたのではなくて、楽なフォームを見つけていっているのだそうです。「回数をこなすのは“やってるつもりトレーニング”。大事なことは、きつくても正しいフォームで続けること。量より質です」と吉川さんは強調していました。

吉川さんによると、全身の7割の筋肉が下半身に集中しているそうです。

「下半身の筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がり、筋肉量が上がります。すると、体温も上がり、免疫力も上がるので、結果的に上半身も筋肉がつきやすくなります。“ハム”と呼ばれるハムストリングスは『大腿四頭筋』といって、股(もも)の裏側にあたります。なので前だけではなく、裏側も鍛えることが重要です。特に男性は年齢と共にハムが衰えやすいので、ハムを鍛えましょう」

ハムの重要性が分かったところで、吉川さんにハムの鍛え方を教えていただきました。

・ゴリラのような姿勢で、上体の角度を変えず、膝を前に出さないように腰を落とす
・大腿部が水平になったところで止める(ここでかかとに体重がかかっていることを確認)
・5秒くらい経ったら1センチ上げて、また水平になるように腰を落とす これを繰り返す

早速、別所も挑戦してみたところ「膝がプルプルする! ほんのちょっとしたことですけど、非常に疲れる!」と息を切らしていました(笑)。吉川さんによると、正しくやると10回もできないそうです。みなさんもぜひ、ハムを鍛えてみてはいかがでしょうか♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP