ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KKBOXがアプリをリニューアル、ディープラーニングの導入によりパーソナライズ機能を強化、対応デバイスも拡充

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽ストリーミングサービス「KKBOX」は 10 月 17 日、Android アプリのリニューアルを発表しました。今回のアップデートでは、UI の刷新やパーソナライズ機能の強化、対応デバイスやコンテンツの拡充が行われています。リニューアルの中でも一番の特徴とされるのはディープラーニングのアルゴリズムを用いてユーザーにおすすめする楽曲を最適化する新しいレコメンド機能「Discover」の導入です。ディープラーニングを利用したことでビッグデータを基にユーザーの利用履歴を多角的に分析し、よりユーザーの好みに合う楽曲が選択されるようになります。これは、従来「オススメ」として提供されていた新しい「ディスカバー」メニューやラジオ機能で活用されています。「ディスカバー」メニューでは、楽曲をジャンル、新着、ランキング、ピックアップのタブで探すことができるほか、ディープラーニング技術によって UI も自動的に調整されるようになっています。対応デバイスの拡充では、Android Auto、Android Wear、Apple CarPlay、Apple TV、Apple Watch、XBOX への対応が行われています。「KKBOX」(Google Play)

■関連記事
Qualcomm、スペックを強化した新SoC「Snapdragon 653」「Snapdragon 626」「Snapdragon 427」を発表
U-mobile、25GB大容量プランを提供開始
Android版「ポケモンGo」の最新版で「ポケもnGoプラス」の通知設定が可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP