ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

拳銃も皆で持てば怖くない!? アメリカの銃規制の実情

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1992年のハロウィーン、日本人高校生でアメリカはルイジアナ州に留学していた服部剛丈(はっとり よしひろ)君(当時16歳)が、訪問先を間違え、侵入者と見なされた家人によって射殺される、という痛ましい事件から、そろそろ20年が経とうとしています。

服部君を射殺したロドニー・ピアーズ氏は、過失致死も課されず、無罪となりました。服部君のご両親の熱心な署名活動の甲斐もあってか、銃規制を盛り込んだ法案(ブレディ法)が翌年可決しましたが、銃規制に消極的な共和党のブッシュ政権下の2004年、期限付き律法だったこの法案は失効してしまいした。

記憶に新しいところでは、1999年のコロンバイン高校の乱射事件があります。2人の高校生が13人の生徒と教員を射殺し自らも命を絶った事件です。また、2007年のヴァージニア工科大学の乱射事件ではそれを上回る32人が射殺され、犯人と思われる青年が自殺、という結果になりました。

ところが、今月17日、そのヴァージニア工科大学で、何と銃規制派銃規制反対派が同時にラリーを行ったそうです。

2007年の事件の遺族などを含む規制派は、「大学キャンパスから銃をなくそう!」と訴え、銃規制反対派は、「銃を持てない規制は自己防衛の自由を奪うものだ」と反論。
そう、自由の大好きなアメリカでは、銃を持てないことが、自由の剥奪と考える傾向にあるのです。

規制反対派のラリーに出席したヴァージニア州在住のエド・ルーヴィン氏は、もし学生が銃を持つことを許されていたら「32人もの死者を出す代わりに、勇気のある奴が犯人を撃っていただろう(”Instead of there being 32 dead, someone would have stepped up and shot him,”)」と言います。

うーん。銃撃戦で更なる死者を出していたかもしれない、というシナリオはないようです。大体、学生が銃を持ち歩くキャンパスって……。

こうした規制反対派は、政治的にかなりの影響力を持つ『National Rifle Association of America(NRA;全米ライフル協会)』と、NRAが支援する共和党により、資金的にも援助を受けていることは知られています。

とは言え政党いかんに関わらず、アメリカの聖句とも言える“自由”とガッツリ結びついた銃の問題は、なかなか規制されそうになく、逆にシカゴ市のように市の銃規制条例が、憲法違反(自己防衛の自由に抵触する)として覆される、という事態にまでなっています。

こうした一連の「拳銃も皆で持てば怖くない」といった風潮、私はすっごく怖いんですけど……。

※写真はシカゴにあるNational Veterans Art Museum(国立退役軍人美術館)。

※この記事はガジェ通ウェブライターの「chicagonoyuki」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?
アメリカはシカゴ在住です。専門は比較宗教倫理。シカゴの情報を中心にお届けします。

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。