ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴールドマン・サックスから47億円を調達!12カ国の交通機関を網羅するルート検索サービス「GoEuro」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大小の島々からなる日本のような島国と異なり、欧州諸国の多くは陸続きで国境を接しているため、鉄道やバス、自動車などを利用した陸路での移動も一般的だ。

しかしながら、国や交通手段によって様々な事業者が存在するうえ、共通のコードやデータ標準が定められていないため、国境をまたぐ長距離移動で最適なルートを検索するのは、たやすいことではない。

・欧州12カ国を網羅する長距離移動ルート検索ツール

独ベルリンで2012年3月に創設された「GoEuro(ゴー・ユーロ)」は、欧州での長距離移動をシンプル化するオンラインプラットフォームだ。

ドイツ、フランス、イタリアを含む欧州12カ国で、鉄道会社やバス運行会社、航空会社など、500社以上の事業者と提携し、8万カ所以上の鉄道駅およびバス停と3,100カ所の空港を網羅している。

「GoEuro」は、ウェブサイトおよびスマホアプリで利用可能。

出発地と目的地を入力すると、運賃や所要時間をもとに最適な移動ルートが瞬時に表示され、オンラインで直接予約することもできる。

・大手投資銀行も積極的に投資

欧州の交通機関を統合し、利便性を高めようと取り組む「GoEuro」は、有力な投資機関や企業からも注目を集め、2015年には、大手投資銀行ゴールドマン・サックスから4,500万ドル(約46.8億円)を調達した。

欧州では、「GoEuro」のほか、鉄道に特化し、欧州25カ国を網羅する「Loco2」もリリースされている。

これらのデジタルツールを通じて、欧州での陸路の旅がより便利になれば、国境をまたぐ人々の往来も、より多く、頻繁になっていきそうだ。

GoEuro

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP