体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

運動も糖質制限ダイエットも少しずつでOK! 健康法トレンドは“チリツモ”

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年の改正労働安全衛生法によりストレスチェックが義務化されるなどを受けて、各企業でも従業員の健康管理に力を入れるようになっています。そんな中、経済産業省と東京証券取引所が共同で取り組んでいる『健康経営銘柄』に2年連続で選ばれているのがコニカミノルタ。同社では“コニカミノルタグループ健康宣言”を社長名で発信し、3ヵ年の健康中期計画“健康KM2016”を推進。「健康リスク者のミニマイズ化」「健康ムーブメント」をテーマに目標を設定しているといいます。

そんな同社が2016年10月6日に社員向けに開いた『特茶カフェインゼロ presents 気軽にできる健康セミナー』では、運動や食事で健康をどのように維持していくのか、専門家による講演が行われていました。ここではその模様をレポートします。

運動は“分けて”いい!? オフィスでできる“チリツモ”運動法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「チリツモ健康術 運動編」に登壇した筑波大学大学院人間綜合科学健康所の久野譜也教授。

そもそも「チリツモ」とは……。久野教授によると、科学的根拠から歩くことは足し算と考えてよいとのこと。つまり、20分続けて歩いても、合計20分を細切れに歩いても効果は同じといいます。そのため、「ちりも積もれば山となる」ではないですが、数分ずつ歩くことで健康に確実に貢献できるのです。久野教授は、車通勤よりも駅や会社までの徒歩分が確実に差が出てくるとデータを提示しながら説明していき、歩く数を「3000歩増やすと体重が落ちる。3か月で2kg落ちます」と語りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、久野教授は「日本人の約3分の2が運動する習慣がない」といい、WHOの研究で死亡リスクの4位に「運動不足」が入っていることを説明。「高血圧、高血糖、肥満も運動不足と関係している」と話し、さらに認知症対策も運動不足の解消が効果的だとしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、オフィスでできる2つのメニューの筋トレを実践。

まずはお腹まわりを動かす“ツイスト腹筋”。頭の横に手を置き、お腹に力を入れたまま、4秒かけて右ひじと左ひざを近づけるように身体をねじっていき、4秒かけて戻していきます。次に反対側の左ひじと右ひざを近づけて同じように身体をひねります。

このセットを8回繰り返すと、健康に気を遣っている人が多いと思われる受講者もさすがに辛そうにしている人が目立ちました。ちなみに、インストラクターによれば、声を出して数える余裕を持って行うのが大事とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つめは特に下半身を鍛える“大腰筋ランジ”。右足を大きく前に踏み出して、そのままひざを落としていきます。また、足を伸ばすときに、胸の位置から前にグッと腕を伸ばします。ゆっくり足を戻すと同時に腕もたたんで背中を引き寄せると二の腕の運動にもなります。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。