ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード】ザ・チェインスモーカーズが8週目1位、gnashがトップ10入り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月22日付の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”では、ホールジーをフィーチャーしたザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が8週目の1位をマークすることが明らかになった。一方、ダフト・パンクをフィーチャーしたザ・ウィークエンドの「スターボーイ」が2位に浮上、Olivia O’Brienをフィーチャーしたgnashの「I Hate U I Love You」がトップ10入りを果たした。

 ザ・チェインスモーカーズおよびホールジーにとって初の“Hot 100”No.1ソングである「クローサー」は、今週も楽曲セールス、ストリーミング、ラジオ・エアプレイにおいて首位をキープ。“Hot 100”の主要構成チャートである“Digital Song Sales”、“Streaming Songs”、“Radio Songs”全てを制すとともに、“On-Demand Songs”チャートでも同時に2週目の1位となっている。複数週での同時1位獲得は、ブルーノ・マーズをフィーチャーしたマーク・ロンソンの「アップタウン・ファンク」が2015年2月から4月に8週間にわたり同じく全チャートを制して以来の快挙だ。

 2位のダフト・パンクをフィーチャーしたザ・ウィークエンドの「スターボーイ」は、先週3位からの浮上。9月28日のオフィシャル・ビデオ公開に加え、10月1日放送の『サタデー・ナイト・ライブ』でのパフォーマンスの影響もあるだろう。「スターボーイ」は11月25日リリース予定の同名アルバムからのリード・シングルだ。

 続く3位はトゥエンティ・ワン・パイロッツの「ヒーサンズ」が、4週キープした最高位2位からダウン。しかし“Radio Songs”チャートでは先週5位から2位へ上昇、“Digital Song Sales”チャートでは3位をキープ、“Hot Rock Songs”チャートでは9週目の1位をマークしている。

 “Hot 100”トップ5を締めくくるのはジャスティン・ビーバーをフィーチャーした2曲で、両曲とも3週連続で同圏内に留まっている。4位はビーバーとムーをフィーチャーしたメジャー・レイザーの「コールド・ウォーター」、5位はDJスネークの「レット・ミー・ラヴ・ユー」だ。

 続く6位は、D.R.A.M.初の“Hot 100”トップ10ソング「Broccoli」(feat. Lil Yachty)で、先週8位から新たな最高位の6位へ上昇。7位はショーン・メンデスの「トリート・ユー・ベター」が先週6位からのダウン。8位はショーン・ポールをフィーチャーしたシーアの「チープ・スリルズ」が先週7位からのダウン。9位は再びザ・チェインスモーカーズのもう1曲で、「ドント・レット・ミー・ダウン」(feat. ダヤ)となっている。

 米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”のトップ10を締めくくるのは、Olivia O’Brienをフィーチャーしたgnashの「I Hate U I Love You」だ。先週13位からの上昇で、両アーティストにとって同チャート初登場曲にして初のトップ10入りとなった。“Digital Song Sales”チャートでは先週5位からダウンの6位だったものの、“Radio Songs”チャートでは先週30位から23位へ大きく上昇している。なお、注目すべきは「I Hate~」が25週目でのトップ10入りだということ。ここまで長い時間かけての10位圏内入りは、イマジン・ドラゴンズの「ディーモンズ」が2013年11月9日付チャートで27週目にしてトップ10入りして以来、3年ぶりとなる。

 gnash(本名Garrett Nash)は「I Hate U I Love You」をO’Brienと共作しており、今年6月、米ビルボードに対し「Oliviaがコードやフック、骨組みなんかと一緒にボイスメールを送ってくれて、俺は“この曲は素晴らしい。絶対にやりたい”って思った。だから彼女とレコーディングしたんだけど……出来上がってみると“なんて心地良いんだ。ある種のカタルシスで、何か胸のつかえが取れたようだ”ってな具合だった。思うに、それがヒット曲ってものなんだろう。何というか、“人々に一種の信頼を感じさせる何かがこの曲にあり、俺が言っていることに人々が共感させられる”って感じなんだと思うね」と語っていた。

 また、gnashは自身プロデュースによるこの曲の成功に驚いているとも加えていた。レコーディング後、自身の母親に「ママ、過去最高の曲が出来上がったよ」と冗談めいて言うと、母親から「ベッドに戻りなさいハニー。その曲がそうなるのは想定内よ」と返って来たというのだ。

 なお、今週の“Hot 100”トップ10以下の動きでは、ニッキー・ミナージュをフィーチャーしたアリアナ・グランデの「サイド・トゥ・サイド」が先週19位から12位へ、Kiiaraの「Gold」が先週15位から13位へそれぞれ浮上。一方、フィービー・ライアンをフィーチャーしたザ・チェインスモーカーズの新曲「オール・ウィ・ノウ」が18位に初登場、ゼッドをフィーチャーしたヘイリー・スタインフェルド&グレイの「スターヴィング」が先週24位から20位へとトップ20入り。また、ワン・ダイレクションのナイル・ホーラン初のソロシングル「This Town」が、先週63位から25位へと大きく浮上している。

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが3指標制覇で7週目の1位、1Dナイルのソロ・シングルが初ランクイン
【ビルボード】ザ・チェインスモーカーズ&ホールジーが洋楽チャート1位に返り咲き、注目のS・メンデスが初エントリー
ザ・チェインスモーカーズが早くも新曲リリースへ、一部音源を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP