ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアのアプリがv7.1.11.I-allにアップデート、「ウィッシュリスト」が「ほしいものリスト」に変わるなどローカライズが改善

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android アプリ版「Google Play ストア」を v7.1.11.I-all にアップデートしました。前回のバージョンが v7.0.17.H-all だったので、今回の v7.1.11.I-all では 0.1 バージョンが上がっています。アプリのレイアウトや機能は v7.0.17.H-all と大体同じなのですが、ローカライズが改善されており、スライドメニューや変更欄の表示が変わっています。例えば、スライドメニューの「ウィッシュリスト」は「ほしいものリスト」に、「コードを利用」は「ギフトカード、プロモーション・・・」へと分かりやすい表現に変わりました。また、「保護者向けのガイド」は「保護者のみなさまへ」に変わるなど、日本での言葉の使い方を取り込んでおり、アプリページの更内容欄には必ず「最新ニュース」と付くようになりました。Source : APK Mirror

■関連記事
Google、Chrome 55においてChrome 53から消費メモリ量を大幅削減
サンワサプライ、タブレットも充電できるコンパクトサイズのUSB充電器「ACA-IP44 シリーズ」「ACA-IP45 シリーズ」を発売
NTTドコモ、「dtab d-01H」「dtab Compact d-02H」のソフトウェアアップデートを開始、動画再生問題を修正

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP