体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

混雑度は? 家賃は? 徹底比較「東横線」VS「田園都市線」

混雑度は? 家賃は? 徹底比較「東横線」VS「田園都市線」

「2016年版 みんなが選んだ住みたい街ランキング 関東版」で上位にジャンプアップした東急東横線の「自由が丘」「武蔵小杉」と、東急田園都市線の「二子玉川」。編集部では、東急線のイメージをけん引するこの東急東横線と東急田園都市線に着目。沿線に住んでいる人150名ずつ(計300名)にアンケートを実施した。今回は、各路線のユーザーの声とデータから「東急東横線」と「東急田園都市線」を比較してみた。

東横線ユーザーは店やスポット、田園都市線ユーザーは雰囲気を重視

まず、なぜその沿線に住んでいるのか、その理由を尋ねたところ、東横線ユーザーの回答では、「都心や繁華街へのアクセスが良いから」(37.3%)と「学校や勤務地へのアクセスが良いから」(33.3%)が並び、利便性の高さが沿線居住の理由となっていることが分かった。

一方、田園都市線ユーザーで見ると、「沿線の街の雰囲気が好きだから」(35.3%)が最多となり、「都心や繁華街へのアクセスが良いから」(32.7%)と「学校や勤務地へのアクセスが良いから」(32.0%)が続いた。「沿線の街の雰囲気が好きだから」については、東横線ユーザーの24.0%と11.3ポイントも差が開くこととなり、田園都市線ユーザーのほうが「街の雰囲気」をより重視する傾向が色濃く表れた。

対して、東横線ユーザーに顕著な傾向が表れたのが、「好きなお店やスポットが多いから」(17.3%)で、田園都市線ユーザーの6.7%のほぼ2倍に上った。総じて、東横線ユーザーには特定の場所へのアクセスの良さや店・スポット等の有無を重視する傾向が、田園都市線ユーザーには街のテイストや雰囲気を評価して住む傾向が見られた。【図1】ともに一定の割合を占めているのが、「実家があるから(実家暮らしだから)」である点にも注目したい。また、「他鉄道会社との乗り入れが多く便利だから」と「運行本数が多いから」は、東横線ユーザーのほうが田園都市線ユーザーよりも評価が高い傾向が見られた(SUUMOジャーナル編集部)

【図1】ともに一定の割合を占めているのが、「実家があるから(実家暮らしだから)」である点にも注目したい。また、「他鉄道会社との乗り入れが多く便利だから」と「運行本数が多いから」は、東横線ユーザーのほうが田園都市線ユーザーよりも評価が高い傾向が見られた(SUUMOジャーナル編集部)

東横線ユーザーのほうが全体的に満足度が高い!?

続いて、住んでいる沿線のどんなところが好きなのか、気に入っているのかというポイントについて、両線ユーザーに尋ねた結果を比較してみたところ、「どこに行くにも便利」「運行本数が多い(5分に1本くるなど)」「ほかの沿線に乗り換えしやすい」が1位、2位、3位と続いたのは両線に共通していた一方で、いずれの選択肢も、東横線ユーザーのほうが、回答率が高い結果となった。

一番、差が開いたのは「ほかの沿線に乗り換えしやすい」で、東横線ユーザーが54.7%と半数以上が選んでいるのに対して、田園都市線ユーザーは35.6%と、19.1ポイントも開きがあった。

ほかの項目を見ても、ほとんどの項目で東横線ユーザーの回答率が田園都市線ユーザーを上回り、総じて、東横線ユーザーのほうが、多くのお気に入りポイントを答えている傾向が如実に見られた。田園都市線ユーザーの回答率が上回ったのは、「都心のターミナル駅に出なくても沿線上に栄えた駅があって便利」のみ。それも0.4ポイントと、ごくわずかに上回るのみとなった。【図2】「好きな駅やスポットがたくさんある」「乗車運賃が安い」「電車内が綺麗」「遅延が少ない(定時に電車がくる)」なども、東横線ユーザーの回答率が田園都市線ユーザーの回答率を大きく上回っている(SUUMOジャーナル編集部)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。