体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

井村屋「あずきバー」の限定メニューを提供!関市『関鍛冶CAFÉ&あずきBAR in 刃物まつり』出店決定

ホッとする小豆の甘さを存分に味わえる井村屋「あずきバー」は、人気の定番アイス。バニラアイスバーなどに比べると固い目のアイスバーで、その食感も魅力のひとつである。

そんな井村屋「あずきバー」を使った限定メニューが、10月8日(土)・9日(日)に岐阜県関市で開催される「第49回 岐阜県関市刃物まつり」でブース出店される。ブース名は『関鍛冶CAFÉ&あずきBAR in 刃物まつり』。

イベント内のブースでは、限定メニューが全4種展開される。価格は各400円(税込)。

豆乳カフェオレに大胆にもあずきバー1本丸ごと入れた「あずきバーAZUKIミルク」、抹茶オレに⿊蜜ときな粉をトッピングしたアイスドリンク「あずきバーAZUKI抹茶ミルク⼤⼈の⿊蜜きなこ」。濃縮したあずきバーとカフェオレにキャラメルソースをからめたホットな「あずきバーキャラメル⾖乳カフェオレ」、濃縮したあずきバーと抹茶&豆乳のホット・オレ「あずきバー⾖乳抹茶オレ」と充実したメニュー内容だ。

岐阜県関市は、世界有数の刃物工業都市として知られている。ルーツには、700年以上受け継がれてきた刀鍛冶にある。現在も伝統的な衣装に身を纏った刀匠たちが日本刀鍛錬を行なっている。今回の井村屋「あずきバー」とのコラボは、「あずきバーが固いのは関市の刀匠の鍛錬によって鍛えられたから」といったジョークがSNS上で反響を呼び、誕生した。

固い絆で結ばれた岐阜県関市の日本刀と、井村屋の「あずきバー」コラボメニューに乞うご期待!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy