ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昼も夜もカレーがワンコイン! お酒片手にルー飲みOK「先斗町薬膳カレー」【京都】

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:mesitsu_la:20160921141659j:plain

みなさまこんにちは。メシ通レポーターのナガオヨウコです。

今回ご紹介するのは「先斗町薬膳カレー」。

先斗町という地名がついていますが、場所は先斗町と木屋町の間です。

分かりやすい木屋町通り側からご案内しますね。

f:id:mesitsu_la:20160921141647j:plain

夜はにぎやかな木屋町通り。西側にある元・立誠小学校を目指してください。

f:id:mesitsu_la:20160921141648j:plain

そばを流れているのは高瀬川。

f:id:mesitsu_la:20160921141651j:plain

元・立誠小学校の向かいあたりにある細ーい路地の奥です。

路地を抜けると、先斗町の路地に到着しますよ。

f:id:mesitsu_la:20160921141653j:plain

こちらのお店が「先斗町薬膳カレー」。2015年7月にオープンしました。

営業は11時30分から深夜0時まで。ランチもOK、小腹がすいたときにも、晩ご飯としても使えるお店なのです。

場所柄、「値段が高いのでは」「一見さんお断りだったら」とドキドキしてしまいそうですが、ご安心ください。

カレーがなんと500円〜なんですよ! 安っ!!

f:id:mesitsu_la:20160921141656j:plain

座席はカウンター7席のみ。一人でふらりと訪れても気兼ねせず過ごせます。

f:id:mesitsu_la:20160921141655j:plain

店主の高野義也さん。お店をされる前は全く違う職についていたそうですが、突然カレーの神様が降りてきて、いきなりスパイスの研究を始められたとのこと。

f:id:mesitsu_la:20160921141711j:plain

「日本の環境や食生活に合わせてスパイスを調合したカレーは2年がかりで完成させました。インド系やスリランカ系とは考え方がちょっと違うんです」。

カレーはすべて添加物も小麦粉も不使用。

小麦粉の代わりに使っているのは米粉です。そのため、ルーはねとっとしていなくて割とさらり。

「米粉のおかげで、胃にもたれることがないはず。お酒を飲んだ後にもいいですよ」と、高野さん。

f:id:mesitsu_la:20160921141654j:plain

メニューはこんな感じ。カレーは500円〜で基本が4種。この4種に具材を加えたスペシャルカレーが4種です。サラダや肉料理、おつまみが定番メニュー。

そのほか、季節の食材を使ったカレーや一品もあります。

f:id:mesitsu_la:20160921141703j:plain

▲薬膳チキンカレー(500円)

ラインナップの中で一番マイルドなカレー。たっぷりの玉ネギや野菜、スープにブレンドされているビーフのだしがスパイスと一体となっております。

f:id:mesitsu_la:20160921141704j:plain

以前のカレー店レポでも「京都のカレーは見た目がシンプルすぎる」とお伝えしましたが、ここのチキンもルーに溶け込んでおり、やはり肉の固まりはありません。

f:id:mesitsu_la:20160921141705j:plain

▲特製スジ肉カレー(800円)

スタンダードな薬膳ビーフカレーにスジ肉をプラス。程よい辛さで、お酒に合いそうです。

f:id:mesitsu_la:20160921141706j:plain

とろんとろんのスジ肉たっぷりでうれしいな!

f:id:mesitsu_la:20160921141659j:plain

「カレーをお供に、お酒を飲みたい」という方は、こんな組み合わせはいかがでしょうか。

カレーは全種類、ルーのみのオーダーができますよ。ワインはグラス700円〜です。

f:id:mesitsu_la:20160921141700j:plain

▲薬膳キーマカレー(600円)

キーマといっても、主役はスパイスたっぷりのルー。

f:id:mesitsu_la:20160921141701j:plain

ひき肉はちょい控えめ。カレーのルーを飲みながら酒を飲むという夢のW飲みもここなら叶います。

f:id:mesitsu_la:20160921141658j:plain

▲特製辛味スパイスで焼くチキンティッカ(600円)

唐辛子ベースの辛味スパイスまみれの、ちょい辛な一品。チキンティッカというとインド料理店でよく出会いますよね。

が、こちらはもっとぷりんぷりんで、辛さの中にうま味がぎゅううぅっと染みこんでいます。

f:id:mesitsu_la:20160921141657j:plain

▲特製スパイスで焼くラム肉(700円)

40種の自家製スパイスミックスがしっかりきいたラム肉です。

f:id:mesitsu_la:20160921141702j:plain

ラム肉を焼く前にもスパイスをまぶしてありますが、別添えの同じスパイスをつけると、香り高さが倍増。

こちらのスパイスはお店で販売していますよ!

f:id:mesitsu_la:20160921141710j:plain

▲自家製スパイス 50g(1,000円)

40種のスパイスを高野さんが焙煎、調合。さらにスペイン海塩や岩塩、野菜などが入っており添加物は一切不使用。

「これをまぶせば、安もんの肉も一気にランクアップしますよ。オリーブオイルと合わせてドレッシングにしても美味しいし、魔法の粉といったところでしょうか。このスパイスを舐めながらお酒を飲む人もいますよ」。

異国のような、でもどこか親しみのあるようなという香りで、私もほんまおすすめです。

f:id:mesitsu_la:20160921141707j:plain

「せっかくなんで、ぜひ試してほしい飲み物があって」と、高野さんが取り出したのはガラス瓶。

f:id:mesitsu_la:20160921141708j:plain

生姜と砂糖を炊いて手作りした生姜シロップです。中にはアクセントの生山椒が浮いています。

これを炭酸で割ったジンジャーエールがこちら。

f:id:mesitsu_la:20160921141709j:plain

▲特製手仕込み生ジンジャーエール(300円)

市販のジンジャーエールと比べて、ぐっとうま味を感じます。割とさらっとしていて、生姜っぽさはあとから口の中にふんわりと広がってきます。

炭酸キツーとか、生姜が辛いとかの主張がないので食事の邪魔をしないんですよ、これ。

よその飲食店では、ビンのジュースをグラスに注いだだけのソフトドリンクでも300円以上はしますよね。

これで300円は安いなあ。

f:id:mesitsu_la:20160921141712j:plain

そうそう、カレールーは冷凍のお持ち帰りもありますよ! 冷凍ルーは200gで500円〜。お店でいただくカレーと同価格です。

冷凍状態のルーを湯せんするだけ、でうまうま無添加スパイスカレーが自宅で食べられます。

疲れて帰宅した日や、友人たちとカレー食べ比べ大会の日などにおすすめです。

店舗情報

先斗町薬膳カレー

住所:京都府京都市中京区下樵木町203-5 SAKIZO立誠校前ビル1F

電話番号:075-222-2279

営業時間:11:30〜0:00

定休日:火曜日(祝日の場合は翌日休)

ウェブサイト:http://shaftjapan.com/yakuzen/

※金額はすべて消費税込みです。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:ナガオヨウコ

ナガオヨウコ

ライター歴22年、京都在住のフリーライター。食、手芸、子育て、京都関連の雑誌や書籍、webに執筆中。10年間続けている自然農業の畑では、20~30種の野菜やハーブ、花を栽培。 ブログ:しましま畑でつかまえて

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

情報量高めな祇園の珍スポット「壹錢洋食」は昔ながらの味を守るおいしい粉もん屋だった!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。