ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本のページで汚水をろ過!?微生物を99.9%除去しキレイな水にする「The Drinkable Book」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

飲み水は人の生命を支える大切なもの。ただ、都市部から遠く離れた遠隔地や発展途上国では、衛生面に配慮された十分キレイな水を手に入れるのは難しいことでもある。

・本のページで汚水をろ過し、キレイな水に

カーネギーメロン大学のポストドクターTheresa Dankovich氏が開発中なのは、銀と銅のナノ粒子を染み込ませた分厚い紙のシートでできた本のページ「pAge Drinking Paper」。これを使って汚水をろ過することで、微生物を99.9パーセント除去することができるという。

氏が博士号取得のため、カナダのマギル大学にいた頃からこの技術の開発に着手。その後、 バージニア大学の“Center for Global Health”在籍中にも研究を続け、“ろ過本”の生産と配給に向けて、非営利企業「pAge Drinking Paper」を設立した。

・1冊で人間1人用4年分を浄水可能

「The Drinkable Book」という本の各ページは2つのフィルターから成り、1つのフィルターで最大100リットルの水を浄水することが可能。1冊の本で人間1人用4年分の水を処理できるという。

本から破り取ったフィルターは、バケツの上に置いた箱型のホルダーの上にセットし、上から汚水を注ぐ、という流れだ。

・フィールドテストを進め、製品化を目指す

これまで、南アフリカ、ガーナ、ケニア、ハイチでおこなったフィールドテストでは、生水から取水したバクテリア含有量の高い水をろ過したところ、99.9パーセントの清浄化に成功した。

銀と銅の粒子が漉し取った浄水レベルは、Environmental Protection Agency(環境保護局)、World Health Organization(世界保健機関)の安全基準値を下回る良好な結果だという。この先さらなるフィールドテストを重ね、本のデザインの洗練化を進めていく意向だ。

このレポートは、ボストンで開催された第250回National Meeting & Exposition of the American Chemical Societyで発表されたもの。

本の形なので保管や持ち運びがしやすいのがメリット。途上国の衛生状況の改善につながりそうだ。技術の確立と普及が待たれる。

The Drinkable Book

American Chemical Society

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP