ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カイル・イーストウッドが音楽家を志した理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU KEY TO LIFE」。10月4日(火)のオンエアでは、クリント・イーストウッドを父にもつ、ジャズベーシストで作曲家のカイル・イーストウッドさんをお招きしました。

カイルさんは、1968年、米カリフォルニア生まれ。1998年にデビューし、その後は映画「ミスティック・リバー」「ミリオン・ダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」などで実の父の作品のサントラを手掛け、「グラン・トリノ」ではゴールデン・グローブ賞最優秀主題歌賞にノミネートされました。現在はパリを拠点に活動しているそうです。

日本は今回で20回目ほどだというカイルさん。最初の2回は観光だったそうですが、その後10年間はずっと演奏のために来日しているとか。日本について感想を伺うと…

「日本は来るたびに楽しんでいるよ。ブルーノートも大好きな場所だしね。時差ボケが毎回辛いけど(笑)、それ以外は日本に来るのが大好きだよ!」

そんなカイルさんに、ジャズベーシストを志し始めたルーツを聞いてみました。

「両親の影響で家でたくさんジャズを聴いていたんだ。それ以来、音楽は好きなんだけど、最初に手にした楽器はピアノ。ドラムやベースに興味はあったんだけど、母親にドラムセットを買いたいって言ったら、ダメって言われてね(笑)」

来年1月に公開される、ホームレスのモデル、マーク・レイの日常を追ったドキュメンタリー映画「ホームレス ニューヨークと寝た男」でもサントラをプロデュースしているカイルさん。サントラは、映画の舞台がニューヨークなのでとてもジャジーな仕上がりになっているそうですが、映画音楽を作るときはどうイメージを膨らませるのでしょうか。

「大抵はラフカットの段階だけど、まずは映画をしっかり観る。そこからキーシーンを自分で選び、曲を作っていくんだ。自分のジャズアルバムを作るときは自由がもっとあるけど、映画音楽は自分が主役ではなく、サポートに徹するところが一番違う点かな。でもどっちも大好きだよ」

10月5日(水)、6日(木)の2日間にかけて、ブルーノート東京でライブが控えているカイルさん。気になった方はぜひチェックしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「ACOUSTIC COUNTY」
放送日時:月・火・水・木曜 14時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP