ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

○○を譲ってもらうための作戦のはずが…?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「JAM THE WORLD」のワンコーナー「LOHAS TALK」(ナビゲーター:小黒一三)。10月3日(月)から5日間、写真家・アンティーク収集家のオオタマサオさんをお迎えします。

オオタさんは1949年、静岡県生まれ。早稲田大学卒業後、36歳より写真家として活動する一方、“ホーロー看板”や“前掛け”などアンティーク収集家としても活動されています。

初日のオンエアでは、オオタさんの経歴で、「36歳から写真家」という点が気になった小黒がそれについて尋ねると、それ以前はオオタさんは放浪の旅を続けていたそうなのですが、「“ホーロー看板”との出会いで立ち直り」、写真家に。

オオタさんの著書『琺瑯看板−懐かしき昭和30年代を訪ねて』は、雑誌『ラピタ』にて創刊号から3年半連載されていたものをまとめた内容となっているそう。

ホーロー(琺瑯)看板とは明治時代から昭和中期まで宣伝の主流だった、金属製の商品看板のことですが、オオタさんは現在そのホーロー看板を約1700枚も所有しているのだとか。

「これ以上持っている方もいると思いますが、僕ほどディープに色々ホーロー看板を考察している人間はいないと自負しております」(オオタさん)

実際に田舎などに出かけてホーロー看板の写真を撮り、譲ってもらえるまでの交渉をその持ち主と直々にされるそうです。

「汗と涙の記録ですね…。田舎に行くと変な人に思われちゃって。1時間粘っても譲ってくれないんですよね。『30年前から貼ってあるんですけどメーカーの人に悪い』と言って譲ってくれなかったり」と、交渉の苦労を明かしてくれたオオタさんですが、そこでスムーズに譲ってもらえるため「ホーロー学会」というものを作り、「ホーロー研究家」という名刺を作ったのだそうです! しかし…

「かえって警戒されちゃってダメでした(笑)」

とうまくいかなかったそうです(笑)。

「いただける確率っていうのは、10枚に1枚くらいですね。お金を払うこともありますし、『こんなもの持ってけ』ということもあって、それは嬉しいですね」と苦労と喜びを明かしながら、「いろいろ大変な思いをしました…」と自らの活動をしみじみと振り返るオオタさんでした。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。

【番組情報】
番組名:「LOHAS TALK」
放送日時:平日 20時40分−20時50分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/blog/lohastalk/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP