体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パクラー集合! 普通の餃子に飽きたらパクチー餃子を作ればいいじゃない!

f:id:uralatokyo:20160907110941j:plain

餃子とビール。

これはもう鉄板の組み合わせなわけですが、今回は最近人気のパクチー餃子を作って楽しくビールを飲みたいと思います。

パクチーをプラスすることでちょっとスペシャル感も出るし、お客さんに出しても反応のいい一品になるはず。特に最近増えているパクチー好きには、ウケること間違いなし。

材料はこんなかんじ

[材料] 餃子の皮 20枚 豚挽肉 150gぐらい パクチー 一束 白菜 大きめの葉を1枚

(調味料) にんにく・しょうが 各1かけ 醤油・片栗粉・オイスターソース 各大さじ1 塩こしょう

f:id:uralatokyo:20160907113005j:plain

白菜はキャベツに置きかえても大丈夫です。

あと、パクチーはスーパーではなぜかシャンサイ(香菜)という名前で売られていることが多いのです。シャンサイ(香菜)と書いてあるパッケージのものがあったら、それがパクチーです!

オイスターソースはなければ入れなくても大丈夫ですが、入れるとコクが出てオリエンタル感が増すので、入れることをおすすめします。

タネを作ります

まず、みじん切りにした白菜にラップをかけてレンジで2分ほど温めます。

f:id:uralatokyo:20160907102935j:plain

しなっとするので、ざるでもんで水気を絞ります。

この作業で、だいぶ白菜の量が減ります。

f:id:uralatokyo:20160907103053j:plain

挽肉には、すりおろしたにんんく、しょうが、醤油、片栗粉、オイスターソース、塩こしょうを入れて混ぜておきます。

f:id:uralatokyo:20160907103930j:plain

ここに、先ほどの白菜と刻んだパクチーを加え、さらに混ぜます。

f:id:uralatokyo:20160907104023j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会