ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

WikipediaのAndroidアプリで大規模アップデート、タブ型ツールバーが追加されるなどUIが一部刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

調べものでいつもお世話になている「Wikipedia」の公式 Android アプリが v2.4.157 にアップデートされ、アプリの UI が一部リニューアルされました。今回のアップデートの目玉は下部にタブ型ツールバーが追加されたことです。トップページを表示している間は、元々スライドメニューにあった「探索」「履歴」「あとで読む」「付近のスポット」が表示され、記事ページでは「あとで読む」への追加や翻訳、共有など必要なツールが表示されるなど、画面に応じて表示内容が変化します。ツールバーの追加に伴いスライドメニューが廃止され、以前よりもシンプルなアプリになりました。ほかには、最新バージョンから「あとで読む」に追加した記事などが検索にヒットするようになりました。「Wikipedia」(Google Play)

■関連記事
モベル、100カ国で使用できる音声通話付きの海外渡航者向けSIMカード「ワールド・プラス SIM」を発売
USB-IF、USB Type-C経由のオーディオ再生を可能にする「USBオーディオデバイスクラス3.0」を発表
Facebook、Snapchat Storiesのような「Messenger Day」を開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP