ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

相乗り仲間を10人集めてバスを貸し切りできるモビリティサービス「Skedaddle」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
相乗りグループを集めてバスを貸し切るサービス「Skedaddle」マイカーや自転車、電車・バスなどの公共交通機関、カーシェアリング、Uberに代表されるオンデマンド型配車サービスなど、都市部のモビリティ手段は、近年、多様化し、比較的安価で効率的になってきた。

一方、地方への移動は、従来の割高なレンタカーサービスや、本数やルートの限定された公共交通機関など、コストがかかり、不便なままなのが現状だ。

・相乗り仲間を10人集めて、バスを貸し切り

Skedaddleのスマホアプリ画面米ボストンのスタートアップ企業「Skedaddle」は、同じ方向に移動する相乗り仲間を募り、バスを貸し切ることで、郊外や地方へ割安で移動できるモビリティサービスを全米で展開している。

ユーザーは、出発地と目的地、時間をもとに、スマホアプリでルートを設定し、同乗者が合わせて10名集まると、バスをチャーターできる仕組み。

バス事業者にとっては、遊休資産となっているバス車両を有効に活用し、新たな収益を生み出すことができるのが利点だ。

・レジャーから通勤まで、幅広い需要が期待される

「Skedaddle」は、2016年6月、米テネシー州の農場で開催された野外ロック・フェスティバル「ボナルー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」と提携。

シカゴやアトランタ、ニューヨーク、ワシントンD.C.など、「Skedaddle」を通じてチャーターされたバスを利用し、周辺の大都市から数多くの音楽ファンが来場した。

野外ロック・フェスティバルやコンサート、ビーチ、スキーといった地方や郊外でのレジャーはもちろん、通勤や買い物など、郊外から都市部への日常的な移動にも、「Skedaddle」のようなフレキシブルかつ格安なモビリティサービスは、需要が見込めそうだ。

Skedaddle

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。