ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】宇多田ヒカルが15万枚超えるセールスで現在トップ!2位はデビュー日リリースのEXILE15周年ベスト

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年9月26日~9月29日までの集計が明らかとなり、宇多田ヒカル8年振りのオリジナル・アルバム『Fantome』が、15万枚を超える売上枚数で1位となっている。
 宇多田ヒカルの6枚目となるオリジナル・フルアルバムは、初のCD化3曲を含む全11曲を収録。配信済みの3曲以外は全て描き下ろしの楽曲となり、椎名林檎やKOHH、小袋成彬がそれぞれフィーチャリングした楽曲が収められている。約1万5000枚の差で2位となったのは、EXILEのベストアルバム『EXTREME BEST』。15周年となる9月27日のデビュー日に発売した同作は、15曲入りCD・3枚組の45曲という大ボリュームとなっている。
 
 3位はアニメ『マクロスΔ』のキャラクター、ワルキューレの2ndアルバム『alkure Trap!』が入り、アニメ本編で流れる挿入歌や主題歌を収録。前作のアルバムからわずか2か月半後のリリースとなっている。4位は30年に渡りオリジナルメンバーで活動する、BUCK-TICKの通算20作目の『アトム 未来派 No.9』がチャートイン。5位は、RADWIMPS『君の名は。』が発売から6週目となる今回でもトップ5に入っている。
 
◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年9月26日~9月29日までの集計)
1位:『Fantome』宇多田ヒカル 156,934枚
2位:『EXTREME BEST』EXILE 142,136枚
3位:TVアニメーション『マクロスΔ』ボーカルアルバム2『Walkure Trap! 』ワルキューレ 35,347枚
4位:『アトム 未来派 No.9』BUCK-TICK 14,298枚
5位:『君の名は。』RADWIMPS 13,936枚

関連記事リンク(外部サイト)

全米6位! 宇多田ヒカル『Fantome』日本人女性ソロアーティストとして初の快挙
宇多田ヒカル『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』スタジオ制作「桜流し」MV &「花束を君に」MVメイキング公開
EXILE ベストアルバム『EXTREME BEST』全53本のMVを凝縮したダイジェスト映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP