ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グルテンフリーのケーキが、こんなにふわふわでおいしいなんて!~マガジンハウス担当者の今推し本『白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わない かんたんレシピ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


こんにちは、マガジンハウスです。今日、おすすめしたい一冊は、おいしいお菓子づくりの本です。お菓子…といえば、料理本のプリンス、W氏! ということで、早速お越しいただきました。

―――Wさん、今回の本は単なるお菓子づくりとはちょっと違うとか?

W 「はい、そうなんです。もちろんおいしくて見た目も可愛いんですが、それだけじゃなくて…」

―――その前にちょっと待ってください、Wさん…痩せた?

W 「あ、わかります? グルテンフリーな生活を続けていたら、キロ単位で体重が減ってきて。小麦粉と、ちょっと頑張ってご飯などの炭水化物も控えてます」

―――この本で紹介するレシピも、「小麦粉を使わない」お菓子なんですよね。普通、お菓子っていうとケーキとかクッキーとか、だいたい小麦粉がメインの材料だと思うんですが、それらをカットするメリットは?

W 「僕みたいにダイエット効果もありますし、小麦粉アレルギーの方や小さいお子さんでも安心して食べられる点ですね。僕個人の実感としては、なんだか集中力がアップして、仕事がはかどるようになった気がします(笑)」

―――それはすごい。レシピは白崎茶会の白崎裕子さんによるものですが、Wさんは白崎さんの『秘密のストックレシピ』も手掛けられましたよね。あの本も、コーラやウェイパー的な調味料を、代用の材料で作ってました。何か通じるものを感じます。


この本の著者、白崎裕子さん。全国にファンを持つ、大人気のオーガニック料理教室「白崎茶会」の主宰でもあります。

W 「(白崎)先生のメッセージの根幹は同じかもしれません。必ずしも、○○がなければ作れない、というのをゼロベースで‟発明”する点は一緒ですね。ちなみにこの本では、小麦粉だけじゃなく、卵、バターなどの乳製品もまったく使ってないんですよ」

―――え、ほんとですか? 写真を見るとにわかには信じがたいのですが…。肝心のお味はいかがなんでしょう?

W 「米粉のケーキ、食べたことありませんか?」

―――ありますよ。あれはあれでおいしくて好きです。

W 「あれはあれで、ですよね(苦笑)。もっちりしてて、やっぱり小麦粉で作るケーキとは違うものかなって」

―――確かにそうですねえ。ふわふわした軽い感じとは遠いかな。

W 「ケーキ類だともっとも違いがわかるんですが、僕、これまでの米粉のケーキって、食べるとどうしても‟ご飯”が頭をよぎっていたんですよ。それが、この本のレシピで作ると、誰もが米粉とは疑わないおやつに出来上がるんです」

―――つまり、小麦粉で作るおやつと同じ仕上がりに??

W 「むしろ、やさしい食べごこちで毎日食べたくなるので、僕にとっては小麦粉を超えたといっても過言ではありません」

―――ところで、素人っぽい質問で恥ずかしいんですが、小麦粉を米粉で代用する、という感じなんでしょうか?

W 「主材料は米粉ですが、他にコーンミールやアーモンドプードル、片栗粉、コーンスターチ、重曹などを使って、食感や風味をアップさせます」

―――重曹…。

W 「レモン汁などの酸と重曹のアルカリが反応すると、生地がふわっとするんです。乳製品を使わない代わりに、油を乳化させてコクを出したり」

―――なんだか理科の実験みたいですね!

W 「そうですね、今回は特にそういった作る楽しさが満載です。お菓子を作ったことがない人でもまったく難しくなくて、パンケーキも、失敗なくふわっふわに焼けちゃいます」


<ふわふわパンケーキ>の調理工程。ふわふわの秘訣は、なんと甘酒!

―――ところで、Wさんはこれらのお菓子をご自分でも作りましたか?

W 「もちろんです。全部作りましたよ。もう、全部がおすすめです(笑)」

―――そこをなんとか絞り込んでいただいて(笑)、イチオシの一品は?

W 「そうですね…例えば僕が一番作ってるのは、<ラズベリークランブルケーキ>かな。クランブル好きなもので。あと、めんどくさがり屋さんにすすめたいのは、材料も作るのもかんたんな<ホッとビスケット>。ヘラひとつで洗い物も少ないのです」


左・<ラズベリークランブルケーキ>、右・<ホットビスケット>。

―――ど、どちらもおいしそうだ…!

W 「小麦粉も乳製品も使ってないのが信じられない‼ と驚いてみたいなら(笑)、<レアチーズケーキ>や<カスタードクリーム>もいいですね」


まさに「信じられない!!」<カスタードクリーム>。これが、米粉と豆乳でできてるなんて、アメイジング!

―――ほんとおいしそうですよね(語彙力不足)。これなら、グルテンフリー生活に挑戦してみようかなという気になります。

W 「お店のケーキやお菓子もおいしいけど、ちょっと買うか悩む時もありますよね。毎日じゃなくても、そんな日だけこのレシピでおやつを作ってもらえたらと思います。このおいしさは、このレシピにしかないですから」

―――私は早速今週末作ってみたいです。Wさん、今日はありがとうございました!

今週の推し本

『白崎茶会のあたらしいおやつ 小麦粉を使わない かんたんレシピ』
  白崎裕子 著
ページ数:112頁
ISBN:9784838728916
定価:1,512円 (税込)
発売:2016.09.29
ジャンル:料理
[http://magazineworld.jp/books/paper/2891/]

マガジンハウス PR担の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP