体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界の人と一緒に現地の味を習得!ペルーのアレキパでお料理教室体験

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

世界の人と一緒に現地の味が習える!ペルーのアレキパでお料理教室体験
時は遡る事数ヶ月前。ブラジルのパンタナールツアーで出会ったフランス人にオススメされていた、アレキパのお料理教室。ここは絶対に行こうと決めていたのです!「Peruvian Cooking Experience」シーフード料理、伝統料理、ペルー料理の3クラスがあって、サイトのカレンダーをチェックして習いたい料理の日に予約の申し込みをします。最初は3クラス全てに参加しようと思ったのですが、一回のお値段が70soles(約2,200円)と結構高い! わざわざこのお値段出して自分の作るご飯を食べなくても、これならお高めのレストランでいいものが食べられるなぁと貧乏根性が顔を出す・・・! というわけで1つのクラスを選ぶ事にしました。迷わずシーフードの日をチョイス。なぜって? それはもちろん、セビーチェのレシピをGETできるから! 私が愛してやまないペルー料理のセビーチェの作り方、しっかり学んできます!!! 当日。

世界の人と一緒に現地の味が習える!ペルーのアレキパでお料理教室体験
クッキングクラスが行われているホテルCasa de Avilaへ向かいました。

世界の人と一緒に現地の味が習える!ペルーのアレキパでお料理教室体験
広々とした中庭が気持ちいい素敵なホテル! 本日の受講生は、オランダ人とインドネシア人のカップル、イタリア人夫婦。独り身の私。このイタリアン夫婦はなんと6日前に、奥様の地元である南イタリアで挙式したばかりの新婚さん! 職場恋愛を経ての結婚ですって! 式を挙げた直後、4日前にイタリアを飛び立ち2週間のハネムーン旅行。ペルーとボリビアを弾丸で回るそうです。二人の結婚式の写真を見せてもらうと、美人な奥さまのドレス姿がそれはもうまばゆくて麗しくて! お人形のような美しさ!!! 「Like a princess!!!」と私が言うと、すかさず旦那様、「My princess!」そう言ってグッと奥さまの肩を抱き寄せました。彼が言うと決まるわ~~~!!! とても絵になるカップルだもの。そして、本日講師を努めるのはレイディ。美人講師です。

世界の人と一緒に現地の味が習える!ペルーのアレキパでお料理教室体験
中庭が見渡せるオープンテラスのキッチンと、

世界の人と一緒に現地の味が習える!ペルーのアレキパでお料理教室体験
開放的なダイニング。こんな素敵な場所でお料理が習えるなんて、ん~~~テンション上がるっ! さすが、受講料70solesするだけあるわ。

世界の人と一緒に現地の味が習える!ペルーのアレキパでお料理教室体験
早速エプロンと帽子を身につけて、シーフード料理のクッキングクラスがスタートです。本日教えていただくのはセビーチェと、もう一品お魚料理。しっかり手を洗って、まずは材料をカットしていきます。普段お料理をしないと言う男性陣も、心許ない手付きで一生懸命にお野菜を切る姿が可愛い。

世界の人と一緒に現地の味が習える!ペルーのアレキパでお料理教室体験
トマトの皮をリンゴの要領で剥き剥き。各自一つずつ、飾り用のお花を作りました。これは、サラダなんかに添えると華やかになるわ。今後使えそうな技!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。