ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブリスオーディオ、ポータブルオーディオ用途に特化したUSBケーブル「Brise Audio ハイエンド OTG Cable」を10月22日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブリスオーディオは 9 月 29 日、ポータブル DAC などのポータブルオーディオ用途に特化した USB ケーブル「Brise Audio ハイエンド OTG Cable」、「MURAKUMO OTG」「MASAMUNE OTG」「SHINKAI OTG」「OSAFUNE OTG」の 4 製品を発表しました。それぞれ 10 月 22 日に発売されます。Brise Audio ハイエンド OTG Cable は、Micro USB コネクタに金メッキ、導体に高機能高純度銅線、絶縁被膜に高純度ポリエチレン樹脂 + α を採用し、耐ノイズの低減性を高めつつ、柔軟性も兼ね備えています。また外部からの衝撃はもちろん、ケーブル自体から発生する微震動に対して特殊素材を複数組み合わせる構造で、効果的に音質の減衰を大幅に低減させています。このほか OTG ケーブルでは採用が極めて難しい線材を使用している点も特徴です。MURAKUMO OTG が最上位モデルで、最高 11 層の多層構造となっています。Brise Audio ハイエンド OTG Cable はそれぞれ基本的な長さは 6cm で、1cm or 2cm ごとに長さを延長することも可能です。またコネクタ部分はストレート型と L 字型から選択することができます。しかしその価格は、MURAKUMO OTG が 37,000 円 + 税で 1cm 延長ごとに 4,000 円、MASAMUNE OTG が 28,000 円 + 税で 1cm 延長ごとに 1,500 円、SHINKAI OTG が 20,000 円 + 税で 2cm 延長ごとに 1,500 円、OSAFUNE OTG が 15,000 円 + 税で 2cm 延長ごとに 1,000 円と、かなりのプレミア価格でオーディオマニア向けの製品となっています。Source : ブリスオーディオ

■関連記事
ミヨシ、USB Type-C対応のマルチポートUSB充電器「IPA-C01」と「IPA-Q01」を 10 月上旬に発売
Chromecastのプレビュー版ファームウェアに「Google Home」アプリの名前が表示される
エレコム、マルチOS対応のソフトレザー製タブレットカバーキーボード「TK-CAP01BK」「TK-CAP01IBK」と折り畳み式キーボード「TK-FLP01BK」「TK-FLP01PBK」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP