ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

耳にスッポリ、外れない!未来型ワイヤレスヘッドフォン「Sound by Human」が新しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヘッドホンもここまで来た!超未来型形状のワイヤレスヘッドフォン「Sound by Human」が、Indiegogoに登場。公開からわずかな日数で、目標額を軽々と上回る資金を調達した。

耳の中の形状に合わせてフィットするタイプは、今までにもあったが、本品はそれすらレトロに感じるデザイン。なにしろ、ヘッドホン自体が耳の形になっているのだ。

・ボタンはなし!すべてタッチで操作

耳全体をカプセルのように包み込むこのデザインは、器官の自然作用を利用しながら、まったく新しい密閉型のサウンド体験を提供する。フィット感・安定性とも抜群。どんなに激しく動いても、耳から外れないのは、ヘッドフォンユーザーにとってもうれしいところ。

本体にボタンはなく、タッチセンサーと磁気センサーによって操作する。表面を上下になぞれば音量調整が、左右にのスワイプで曲の選択が可能。携帯電話の通話も、タップ1つで簡単にできる。一時停止したければ耳から外し、逆に再プレイするときは耳に装着する。外したまま左右を合わせると、電源が切れる仕組みだ。

・専用アプリにはさまざまな機能が

専用アプリを使えば、利用範囲はもっと広がる。“Social”機能では、周囲にいるユーザーをアプリ上に掲示。視聴中の音楽を、その場でシェアすることができる。

“Fade”は、ノイズキャンセラー機能。内蔵マイクを使って、個々の音楽に合った最適な音を紡ぎ出す。ヴォリュームレベルも、3段階の中から選択できるようになっている。

最後は、“Amplify”。本体をBluetoothスピーカーとして利用する機能だ。左右のイヤホンを合わせることで、残響チャンバーが発生し、重厚なサウンドを形成するという。

現在も着々と、サポーターを増やし続けている本品。プレオーダーは、200ドル(約2万円)から。支援は10月28日まで、受け付けている。

よりスタイリッシュで、ナチュラルに。21世紀のサウンドライフは、まだまだ進化しそうだ。

Sound by Human/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP