ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

6000万円以上の出資を集め、特許使用の新素材を使用した枕「Purple Pillow」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ハーフパイプ枕は硬すぎるし、羽毛枕はへたってくるし、形状記憶フォーム枕はどうも頭や首の形に合っていない気がする……」そんな“自分にピッタリの枕がない”とお嘆きのアナタに朗報だ。

枕界に新風を吹き込む新素材の枕「Purple Pillow」が、クラウドファンディングKickstarterに登場している。

・新素材でできた小さな三角形の集まり

「Purple Pillow」には、“Hyper-Elastic Polymer”という特許取得の新素材が使われている。紫色をしたストレッチ素材で、数百の小さな三角形の連なりが全体を構成。

普通の枕は重さが加わると平らになったり、もとの形が崩れてしまうが、この枕は側面のコア部分が形を失うことがないため、頭や首をしっかりと安定させてくれる。

おかげで、寝ている間に頭が沈みこみすぎたり、首がぐらぐらと動いたりせず、一晩中快適な眠りを保つ。

・“air booster”で高さを調整できる

高さ調整用の“air booster”が用意されていて、枕の高さを調整することが可能。これはイビキをかきがちな人や、横向きになって寝る人にはありがたい。

枕本体と“air booster”は超柔らかな専用カバーにすっぽり入るようになっている。カバーは竹とポリエステルでできたもので、ソフトな肌触り。

・無毒性の素材で、通気性にも配慮

“Hyper-Elastic Polymer”素材は、超ストレッチ性があって非常に耐久性がある上、無毒性で食品レベルの安心な素材だという。枕は通気性に配慮された構造になっているので、夏の暑さで蒸れる心配もなさそうだ。

・すでに完売が出るほどの人気ぶり

10月22日まで出資を受付中の「Purple Pillow」は、目標金額2万5000ドル(約250万円)をはるかに超える63万ドル(約6300万円)以上を集める人気ぶり。市場予価109ドル(約1万1000円)のところ、早期予約価格69ドル(約6940円)~だが、早くも完売が出ている。興味がある人はお早めに。

Purple Pillow

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP