ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】2か月ぶりにドレイクが1位返り咲き!アッシャー新作は5位初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 およそ2か月ぶりにドレイクの『ヴューズ』が首位に返り咲き、通算13週目のNo.1を獲得した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 8月13日付アルバム・チャートで、通算12週目のNo.1をマークした、ドレイクの『ヴューズ』が、翌週(8月20日付)にDJキャレドの新作『メジャー・キー』に首位の座を奪われ、その後は新作のリリース・ラッシュにより、なかなかその座を奪い返せないままにいたが、今週は強豪も少なく、全体的にセールスも落ち込んでいることから、『ヴューズ』が2か月ぶりとなる首位返り咲きを果たすことができた。週間セールスは53,000枚。ほとんどはストリーミング・ポイントによるものである。

 初動枚数48,000枚を獲得し、2位に初登場したのは、ラッパー、マック・ミラーの新作『ザ・ディヴァイン・フェミニン』。アリアナ・グランデとの交際が囁かれている24歳の白人系ラッパーで、そのアリアナの大ヒット曲「ザ・ウェイ」(2013年)や、新曲「イントゥ・ユー」のリミックスを担当したり、本作からの先行シングル「マイ・フェヴァリット・パート」でコラボしたりと、公私共に相性の良さをみせている。本作には、その他にもタイ・ダラー・サインやケンドリック・ラマーなど、人気ラッパーたちが参加している。

 4位には、「イッツ・ビーン・アワイル」(2001年)などのヒットで知られるロック・バンド、ステインドのリーダー、アーロン・ルイスのソロ・アルバム『シナー』が初登場。ソロ・アルバムとしては、2012年にリリースした『ザ・ロード』に続く4年ぶり、通算2作目となるスタジオ・アルバムで、前作の最高位30位から一気に飛躍した。先行シングルは「ザット・エイント・カントリー」1曲のみ、大きなプロモーション活動も行っていないが、初動枚数42,000枚という数字は異例である。

 続いて5位には、R&B界のレジェンド、アッシャーの新作『ハード・トゥ・ラヴ』が38,000枚を獲得してデビュー。1994年のデビューから、今年で22周年を迎える、もはやベテランの域に達したアッシャーだが、サウンドは最先端で、往年のファンも若いリスナーも楽しめる内容に仕上がっている。「YEAH!」などを輩出した、自身最大のヒット作『コンフェッションズ』(2004年)から続いた、5作連続の首位獲得とはならなかったが、1997年の2nd『マイ・ウェイ』から7作連続のTOP10入りを果たす快挙を成し遂げた。

 9位には、クリスチャン・バンドのキャスティング・クラウンズが初登場。本作『ザ・ベリー・ネクスト・シング』は、通算7作目のスタジオ・アルバムで、2005年の2ndアルバム『ライフソング』から、すべてのアルバムがTOP10入りを果たしたことになる。また、クリスチャン・チャートでは、6作連続の首位デビューを果たし、彼らの人気を物語った。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、28日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『ヴューズ』ドレイク
2位『ザ・ディヴァイン・フェミニン』マック・ミラー
3位『スーサイド・スクワッド』サウンドトラック
4位『シナー』アーロン・ルイス
5位『ハード・トゥ・ラヴ』アッシャー
6位『ゼイ・ドント・ノウ』ジェイソン・アルディーン
7位『バーズ・イン・ザ・トラップ・シング・マックナイト』トラヴィス・スコット
8位『ブラーリーフェイス』トウェンティ・ワン・パイロッツ
9位『ザ・ベリー・ネクスト・シング』キャスティング・クラウンズ
10位『ディグ・ユア・ルーツ』フロリダ・ジョージア・ライン

関連記事リンク(外部サイト)

10月1日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
10月1日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
ドレイク、アクション満載の映像作品『Please Forgive Me』公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP