体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

羽田にないけど「羽田バル」。東京都大田区でつくられたクラフトビールが飲める店!

f:id:Meshi2_Writer:20160810192336j:plain

最近よく聞く「クラフトビール」。小規模な工場で、職人が手作業でつくるビールです。小規模でも作れる、要は都心でも工場を構えることができるわけですね。

2014年12月に大田区唯一のクラフトビール工場「羽田ブルワリー」ができました。そこで作っているクラフトビールを飲める「羽田バル」で、大田区産のクラフトビールをいただきます!

「羽田バル」は羽田にない! 隣町の蒲田へ

f:id:Meshi2_Writer:20160810191005j:plain

「羽田バル」という店名ですが、実は羽田にはありません。蒲田にあるのです。

JR蒲田駅西口を出て、バス通りを歩いて約5分、ネオンサインが見えました! どこか若々しさを感じる黄緑色の色合い、期待が高まります。

f:id:Meshi2_Writer:20160810191052j:plain

建物の2階が「羽田バル」。

窓からこちらをのぞくワインボトルたち……。クラフトビールがウリのお店で、ワインの居場所はあるのでしょうか。ちょっと哀愁みたいなものを感じます。

f:id:Meshi2_IB:20160904184459j:plain

天井、壁が白で統一された店内は全40席。テーブルをつなげれば大規模な宴会に、離せば少人数の飲み会にも対応できます。

壁に掛けられた黒板には、メニューにない限定品が書かれていることも。

f:id:Meshi2_Writer:20160810191216j:plain

サクッと一杯ひっかけて帰りたい人にはうれしい立ち飲み席もあります。厨房が近いので、お店のかたとおしゃべりしたい人にもオススメ!

大田区唯一のビール工場で作ったクラフトビール

まずはお通しをいただきましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20160810191355j:plain

6種の野菜を使ったカラフルな色合い! お通しだけでも一杯飲めて、身体によいものを目指したのだそう。

右から反時計回りに、ザワークラウトキノコのマリネキュウリのクラフトビール漬けカポナータ、中央に自家製ドレッシンググリーンサラダポテトサラダと、栄養バランスに配慮した逸品。季節ものの野菜を使い、日々内容は変わります。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。