ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エレコム、スマートフォンと連動可能な全天球カメラ「ACAM-VRD01BK」と半天球カメラ「ACAM-VRS01BK」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エレコムは 9 月 27 日、スマートフォンと連動可能な全天球カメラ「ACAM-VRD01BK」と水平方向に 360 度撮影が可能な半天球カメラ「ACAM-VRS01BK」を発表しました。価格は、全天球モデルが 63,104 円、半天球モデルが 51,559 円で、どちらも 10 月上旬に発売される予定です。両モデルは Android 向けの専用アプリを利用することで、スマートフォンからの遠隔撮影したり、撮影した画像をスマートフォンに転送することができます。通信には Wi-Fi を使用しています。全天球モデル「ACAM-VRD01BK」は、400 万画素のカメラを上下方向に対に配置しており、空間のほぼ全域を撮影することが可能です。視聴モードには、サークルモード、パノラマモードのほか、VR モードが搭載されており、VR ヘッドセットで立体視することもできます。また、自撮り棒や三脚、自転車のハンドルマウントといった 5 種類のアクセサリーが標準で同梱しており、本製品を購入するだけで様々な用途で使用することができます。半天球モデルの「ACAM-VRS01BK」は、魚眼レンズの 800 万画素カメラを搭載しており、水平方向に 360 度と垂直方向に 180 度撮影することができます。全天球パノラマ写真で地面を見ることはあまりないので、半天球カメラといっても実用性は高いと思います。半天球モデルには VR モード、サークルモード、パノラマモードのほかに、360 度のカメラ映像を前後 180 度に分割して同時に表示する「リア / フロントモード」が追加されており、水深 30m の防水に対応した防水ケースも付属します。Source : エレコム

■関連記事
Motorola、外付けパーツで機能を拡張できるフラッグシップ「Moto Z」を10月下旬に国内発売
KDDI、10月6日に直営店「au みなとみらい」をオープン
「FES Watch U」はAndroidをサポート、スマートフォンの写真をデザイン化できる新機能も追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP