体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】今更ですが“チミチャンガ=メキシコ風春巻き”だった件の是非 @『ブレイズ』

blaze-chimi022_r

秋葉原と言えば今は“オタクの街”と言うよりは小洒落た観光地となりつつある予感ですが、何気にガジェット通信の編集部がある街でもあります。

そして!

アニメとグルメが激しく進化した結果、秋葉原ならではのグルメが生まれつつある昨今、とりあえず『チミチャンガ』を食べてみた筆者(YELLOW)です。

『チミチャンガ』とは、なんぞや?

blaze-chimi014_r

そもそもが。

『チミチャンガ』とは一体なんなのかを説明する必要があるでしょうか?

blaze-chimi013_r

生まれて43年間聞いた事のない『チミチャンガ』ですが、なんか微妙にクローズアップされつつある可能性があるので、時代を先取りしてみた結果

「トルティーヤを揚げた料理」

という答えに辿り着きました。いわゆる“テクス・メクス料理”って感じでした、テキサスのド田舎料理とメキシコのクソ田舎料理が融合した料理と思って頂ければ幸いです。

秋葉原の知的飲料と言えばコレじゃね?

blaze-chimi018_r

“ドクターペッパー”を抑えている辺りが、分かってらっしゃる『ブレイズ』ですが、やはり土地柄かソッチ方面の客層が厚めで御座います。

blaze-chimi020_r

ちなみに『チミチャンガ』はアメコミヒーローってか“デッドプール”の大好物らしいのですが、ネットで調べてみたら

「実はデッドプールの好物ではない説」

もあったりして、ちょっと微妙な展開になっているのが微笑ましいですね。

『チミチャンガ』を食す!

blaze-chimi012_r

作るのに揚げる手間が加わるので、この『BLAISE』(以下ブレイズ)では

「平日13時~、土日祝日11時~」

とさせて頂く的な張り紙があったので、それとなく時間を合わせて訪れた筆者です。

blaze-chimi021_r

結果、こんな感じの『チミチャンガ』で御座います。

ベースとなったのはアボカドと海老の入っている『シュリンプタコス』でして、基本的にはタコスメニューにある奴なら『チミチャンガ』に進化出来るっぽいです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。